aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・生きる術?など)

学歴よりも「考えない」ことが深刻な問題×医療で不本意な損を被ることがある

 

「考えない」ことが適切な医療を受けられないという深刻な問題に繋がるため、事例を用いて反面教師となる記事を書きたいと思います。高卒の全ての方に当てはまることではないのですが、少なからず困っておられる方がいるのではないかと思うので書くことにしました。

私も、私の両親も親族も高卒です。性格は三者三様ですが、私自身も含めて特有の傾向というのがあると思っています。

目次:

f:id:blue_aoko:20190727113738j:plain

選択肢を持たない患者

私の身内の話です。分野の異なる2つの治療が同時並行で進んでいたときのことです。一方の治療は、本人とって「恥ずかしい」と感じるもので他人に言いたくないそうです。

ですが、もう一方の治療に多少関わりのあることなので、医師だけには治療の経過を伝えた方が良いのです。ここで身内の取った行動は、「言いたくないから、伝えない」というこです。

 

「伝えない」理由が「言いたくない」の一点なのです。

私は下記のことを心配しました。(A)

▼治療の経過によって薬の処方など、診断が変わる可能性があるではないか。

▼自分にっとて一番良い治療を受ける機会を、みすみす棄てて良いのか。

 

大きな問題は「伝えない」と判断する過程で、上記の点について本人が全く考慮していなかったことです。理由は単純に「そこまで考えたことがなかった」からです。

 

本人は良い治療を受けたいにも係らず、考えが及ばないために損な選択をしてしまっている可能性があります。そのことに本人は気づいていません。

「言いたくないから、伝えない」という行動の結果に(A)のような懸念が残ることを含めて、自分の意思なら致し方ないのですが、この事例はそういうケースではありません。

 

意識の低すぎる患者

患者側にもできることがあると思うのですが、当の本人はどこか他力本願な様子が見られるました。

私が指摘したのは下記のことです。

▼患者にできることは自分の症状や気になる症状を「医師に伝える」、「処方通りに薬を服用する」こと。

▼上記をせずに、ただ漫然と通院して「先生が治してくれる」ことはあり得ない。患者側の協力は必要不可欠である。

 

困ったことに「症状を正しく伝えない」うえに「薬の服用を忘れがち」なのです。

患者としての意識が低い状態かなと思います。他力本願ですので、治療がうまくいかないと「先生が悪い」と他責になってしまい、自分にも原因があることに考えが及ばないのです。 

 

学歴のことを書いた理由

全ての高卒の方とは言いませんが、多くの場合、私自身もそうですが行動の結果を考えずに動いてしまったり、衝動的な行動というのが多い傾向にあると思います。物事の一面しか見ないとか、他の面を想像できなかったりします。

ほぼ漏れなく貧困家庭だと思います。

そうした親に育てられた子供は、成長の過程でやはり親と同じような傾向を身に着けていきます。あるいは、例えば「行動の結果を考えることを知らない」とも言えるかもしれません。 

自分自身を振り返ってみても思うのですが大抵「そこまで考えていない」ということが多々あります。

 

究極の不本意は【貧困で考える力の弱い家庭で生まれ育つことを、当の本人は望んでいない】ということです。

 

これをご覧になっている方で、ご自身に思い当たる節のある方はいらっしゃるでしょうか。

生育環境を変えることができませんが、自分を変えることはできると思います。いろんな考え方を知るために、月並みですが「本を読む」と良いです。

慣れないうちは、最初はなかなか文章が頭に入ってこないこともあると思うのですが、食らいついてみてほしいと思います。

 

学校や社会の役割

学校に第三者を招いてこういった生きていくのに必要な考える力について授業をしてくれたら良いのにな、と思うのですが現実的ではないでしょうか・・・。

私が見る限り、家庭が家庭の役割を果たしていない機能不全家庭、貧困というのは、ほぼほぼ連鎖していると思います。

悲しいことです。

 

社会人スキル、生きる術 一覧へ

会社へ行けなくなった場合の手続き◎健康保険組合から給付される傷病手当について

 

高校を卒業して働く方など若い方に、健康保険組合から給付される傷病手当金のことを知ってほしくてこの記事を書いています。

病気やけがで会社へ行けない場合、給付金を受け取るための手続きをする必要があります。

目次:

 

f:id:blue_aoko:20190723122153p:plain

若い方が給付金のことを知らない

ショックなことに保険組合へ傷病手当金を請求できる制度について、中小企業で働く若い社会人の方が知らないために請求できていないケースがあるそうです。

 

知人の知人の話です。病気で会社を休んだので手取りが5千円を切ってしまった、保険にも入っていない、と困惑されていると聞きました。

 

どうやら、

・ご本人の理解としては民間の保険に入っていないために、受け取れる給付金は何もないと思っているようです。

・会社側はこの若い従業員へ申請を促すことはしないようです。

・現場の上司も傷病手当金を知らないのか、知ってて教えないのか、ご本人へ申請を促すことはしないそうです。

 

※知人へ傷病手当金の説明と関連webサイトのURLを送り、後日、ご本人へ伝えてもらうことにしたのですが無事に請求できたのかどうかまでは確認できていません・・・。 

 

傷病手当金とは

病気やけがで働けない場合、公的保障を受けられます。健康保険組合から給付される傷病手当金のことです。

まずはご自身が受けられる公的保障について確認しましょう。

▼健康保険証を見てください。あなたが加入している保険組合の名前が書かれています。

▼その組合のwebサイトには制度概要、給付金を受け取るための手続きの説明と申請書の書式が掲載されています。

 

おおままかな手続きはこうです。

▼組合のwebサイトで、申請書の書式を印刷します。

▼あなたと会社と病院、の三者が記入した申請書を組合へ提出します。

▼後日、指定口座へ給付金が振り込まれます。

 

金額的には1年以上勤務していれば給与の2/3程度もらえると思います。詳しくは、加入している組合のwebサイトでご確認ください。

注意が必要なのですが、仕事を休んでいる間も健康保険料を支払う必要はあります。通常は給料から天引きされていますよね。

会社によっては給付金を一旦会社が受け取り、保険料を差し引いて従業員へ支払うケースもあります。本当は直接組合から振り込んでもらう方がいいとは思うのですが、会社の都合もありますので要相談です。

 

自分が困らないために関心を持つ

日本は国民皆保険という仕組みになっています。

この制度があるから国民は健康保険料を支払い、自己負担3割の費用で治療を受けられるようになっています。

更に健康保険は働けない場合の公的保障の役割も担っています。

 

民間の保険会社が収入サポートのCMを流していますが、これは公的保障では不足する部分をカバーするものです。

例えば給与の2/3の傷病手当金と受け取った場合、残り1/3を民間の保険会社が支払うというような形です。

 

ケースバイケースではあるのですが、ここ日本の制度上においては民間の保険に加入しなければ何の保障も受けられない、生活に困窮するのは仕方ない、という事態は回避できるのではないかと思います。今のところそれが日本の健康保険制度です。

国民皆保険というのはニュースで聞くことがあるかと思います。こういった社会の制度について、関心を持ってみることはご自身や将来はご家族の方が困らないためにも必要ではないかと思います。わからないことは都度ネット検索してみましょう。

 

実際に申請したいとき 

もしご自身が会社を休むことになったとき、会社側から傷病手当金の話をされない場合はあなたの側から申請をお願いしてみてはいかがですか。

 

実は私も過去に病気療養したときに「そんなに休んで大丈夫?」というナゾの反応を受けたことがあります。信じられないことに、やはり担当者がこの制度を把握していなかったようです。

この時は私の方から保険組合の該当URLを送り、傷病手当金のことを伝えて手続きをお願いしました。

残念なことに中小企業では起こり得ることなので自分自身で調べたり動いたりする必要があります。 

社会人スキル、生きる術 一覧へ

入力の繰り返しを減らす方法◎VLOOKUP関数で自動入力する応用事例を詳しく解説

 

VLOOK UP関数とその応用例について、画像を交えて紹介します。

この関数の素晴らしいところは、自動入力のようなことができて繰り返しの入力を減らせることです。

おおまかには、(1)リストさえ作れば(2)リスト上の情報を他のシート等で流用することできます。中小企業の事務員さんが覚えるととても便利なエクセルの関数です。

 

VLOOK UP関数とは

リスト上の情報を、他のシートやファイル等で流用するための関数です。リストの先頭列には、あらかじめ任意の識別番号を割り振っておく必要があります。

(まずは概要を書きますが、後の応用事例も見ていただくとイメージを掴みやすいと思います。)

▼関数の構成はこうです。カッコ内の指示はカンマによって区切られていて、4つの指示が入ります。

=VLOOKUP(参照セル指定,リスト指定,列指定,呼び出し条件指定)

 

▼例えばこうなります。

=VLOOKUP(K2,リスト!A2:I7,6,FALSE)

 

▼K2などセル番号には「$」を付けると良いです。

「$」の役割はセル番号を固定します。セル番号を固定するとコピペしても番号がずれませんので便利です。こうなります。

=VLOOKUP($K$2,リスト!$A$2:$I$7,6,FALSE)

 

応用事例の概要

リスト上の情報を封筒印刷に流用する事例です。主に二通りの方法があります。

・リスト上の宛先へ大量印刷:Wordの差し込み印刷が良い

・リスト上の宛先への個別対応:VLOOKUP関数が良い ⇒ 本記事はコレ

 

[事例]

資料請求や書類発行の問い合わせがちらほら来る場合、(1)その問い合わせ内容を記録し、(2)書類を送付する必要があると思います。

 

▼これらの業務をエクセルで行うとこうなります。

(1)問い合わせ内容を記録 ⇒ リスト作成

(2)書類を送付する ⇒ 封筒印刷

 

▼リストと封筒の画像を見てみましょう。

リスト

f:id:blue_aoko:20190720104117p:plain

封筒

f:id:blue_aoko:20190720104159p:plain

応用事例の詳細

1.シート1はリストになっています。

資料や書類発行の依頼を受けた場合に、内容をリストへ記録します。

f:id:blue_aoko:20190720131221p:plain

 

2.シート2は封筒フォーマットです。

f:id:blue_aoko:20190720131645p:plain

 

・太枠線内は空欄になっています。セルK2に情報を呼び出すための番号を入力していない状態です。宛先欄は「#N/A」となっていて情報は反映されていません。(呼び出す番号は、リスト先頭列に割り振る識別番号です。)

f:id:blue_aoko:20190720132636p:plain

 

・参照セルに「A1001」と呼び出すための番号を入力します。入力すると住所が表示されます。

f:id:blue_aoko:20190720131726p:plain

 

・ためしに郵便番号をクリックすると関数が出てきますね。住所は手入力したのではなくリストから引っ張ってきていることがわかります。これがVLOOKUP関数です。

f:id:blue_aoko:20190720131743p:plain

 

差出人の欄は会社ロゴ(あれば)を入れたり、自分で手入力します。ここは毎回同じですので直接入力してOKです。関数は不要です。

 

応用事例をもとに関数を覚える

カッコ内には4つの指示がありますので、1つずつ順番に確認していきましょう。

例:=VLOOKUP($K$2,リスト!$A$2:$I$7,6,FALSE)

 

1.$K$2は参照セルです。K2に入力した「A1001」の情報を呼び出すという指示です。※「$」は前述のセル固定のための記号です。

f:id:blue_aoko:20190720133307p:plain

 

2.リスト!$A$2:$I$7は参照するリストの指定です。リストのあるシート名を入力します。

(1)シート名:リスト

(2)リストの範囲:A2:I7

(3)指定:リスト!A2:I7

(4)更にセルを固定するとこうなる ⇒ リスト!$A$2:$I$7

※リスト!の「!」は他シートにあるデータを参照(呼び出す)ときにつけるもの。この事例では、リストと封筒のシートは別々のシートに分かれているので「!」が必要。

f:id:blue_aoko:20190720133533p:plain

 

3.6は参照照する列番号です。郵便番号はリストの6列目にあるので、「6」を入力しました。

f:id:blue_aoko:20190720133648p:plain

 

4.FALSEは情報を呼び出す条件です。この関数では、呼び出す番号とリスト番号が(1)完全一致か、(2)近似一致か、を選べます。ここでは完全一致を選んだので「FALSE」を入力しました。

f:id:blue_aoko:20190720133813p:plain

 

応用のポイント

まずは、情報をリスト化することが大切です。

マニュアル不足の中小企業ではどうしてもその場しのぎになりがちですが、一旦ルールを作ればその後がやりやすいです。

封筒はあくまで事例なので、関数さえ覚えればいろいろな形で情報を流用しやすくなります。

 

規模の小さい会社では事務に限らず誰も皆、自分でなんでも工夫して行うことが求められます。よく言えば自由度は高いのですが、優秀なソフトの導入とかは期待できないのでやはり工夫して作業を減らさないと手間が多くて大変なのです。

VLOOK UPは使い方を覚えるといろいろ応用できて便利です。

事務、庶務関係 一覧へ

 

社会人同士の距離感を知る◎つかず離れずの協力関係を築く

 

人付き合いに苦手意識はありますか?私はすごくあります。その上、会社の人間関係というのは、それまでとは全く違うのです。(私は高卒で働いていますので。)

学校生活の友人関係でもなく、バイト先での適当な先輩後輩関係でもなく、体育会系な上下関係でもない・・・初めて知る距離感にとても戸惑いました。

この距離感を予め知っておく方が、新社会人として少し楽なのではないかという、お節介な気持ちでこの記事を書いています。

目次:

f:id:blue_aoko:20190719141123j:plain



社会人について理解した瞬間

大学生活ではつかず離れずの人間関係を経験する、と聞いたことがあります。もっと言うと大学生活の経験がない高卒社会人は距離の置き方に違和感がある、という声も聞いたことがあります。

私自身の経験から言うとおおむねそういう傾向にあることは間違いないと思います。ただしそれは最初の2~3年位ではないかと思います。

 

最初勤めた会社では、おそらく(ビックリかもしれませんが)人間関係を築くという意識すらなかったように思います。はっきりと記憶しているわけではありませんが、パソコンも電話もマナーもいろいろと覚えることがあり、ついていくことだけで精いっぱいだったので。

 

「社会人の人間関係はこういう距離感があるものだ」とはっきり認識できたのは社会人3年目以降、2社目に入ってからです。

子供っぽいのですが、会社外の友人関係が希薄だったこともあり「同じ職場で働いているのだからもっと助けてほしい」と会社の人に助けを求めたくなることがありました。

しかし、実際には自分から動くことはありませんし、相手から親密なコミュニケーションが取られることもありませんので「なんでなの?」とストレスを感じていたのです。

(そのストレスを表に出していたら、いわゆる構ってちゃんになっていたんだろうなと思います。)

 

そんなモヤモヤした気持ちが続いたのですが、あるときふと「社会人とはこういうものか」とストンと腑に落ちたのです。

 

適度な距離感とは

私が会社の人へ変な期待を持ってしまったのは、「皆さん働きに来ている人」という理解が薄かったからだと思います。

すこし穿った見方ですが、要するに「働きに来ていて、お給料をもらいたい」という共通の目的を果たすために協力する、それが会社の人間関係です。

これを適度な距離感のある人間関係というと言葉がソフトですね。

お互いに干渉することはないけれど決して敵対することでもありません。むしろ干渉しないことで、良好な協力関係を保つのです。

 

職場のなかでもとりわけ同じ部署や仕事で関わる人との距離感は、とても微妙なところです。私の場合は、小さい部内で所属長を仰ぎ、部下たちは役職問わずお互いに協力するという雰囲気でした。

そして年齢の近い同僚同士は、ときどきランチに出かけることで適度な仲良し感を維持するのです。

 

会社で友人関係を築きにくい理由と例外

個人的には、同じ部署内や他部署でも業務上で関わりのある人とは仲良くなりにくい気がします。

私が思う友人関係を築きにくい理由3つ。

▼お互いに仕事の取り組み方、能力等への違和感が友人関係に影響する。

▼お互いの部署の利害関係が友人関係に影響する。

▼話題が仕事の愚痴(本気の)になりがちで楽しめない。

 

業務で関わりがないけれど、たまたま会社の行事で仲良くなったとか共通の趣味があるとか、そういう接点であれば友人関係になりやすいのかなと思います。

私が社会人の距離感を知ってからだいぶ後のことですが、とある出来事がきっかけで会社に勤めて初めて友人と呼べるような先輩に出会いました。やはり業務で接点がないおかげで諸々のトラブルが影響することはないですし、単純な友人関係が成り立つと実感しています。それでいて社内の噂話やらネタを共有できるので話が弾むし、仲間がいる安心感みたいなのもあったりするのです。

 

適度な距離感は必要ですが、それは心を閉ざすこととはちょっと違います。おおむねオープンな感じでいたいものです。私が友人と出会えたのもそれが重要な要因だったと思います。このことは下記の記事でも少し触れました。

www.blue-aoko.com

 

 社会人スキル、生きる術 一覧へ

 

大人になってから発達障害の検査を受けた経緯◎うつ、不安、二次障害の裏にひそむ原因

 

過去に発達障害の検査を受けたことがあります。この記事は検査を受けるに至った経緯をかいつまんで書きます。

目次:

f:id:blue_aoko:20190718174600j:plain

 

通院歴

初めて心療内科へかかったのは高校生の時です。そこから2年おき位に通院したり行かなくなったりすることを繰り返してきています。 

 

行かなくなった期間が健康的だったのかというと、そうではありません。会社へは行っていたけれど精神的にはかなりギリギリという感覚があり、いつも「早く死にたい」と思って生きていました。

希死念慮というものだと思いますが、友人も当時の彼氏にも話したことは無いのでまさか私が死にたがりだとは思っていなかっただろうと思います。唯一、弟とは共有してきました。)

 

その時クリニックへ赴いたのも約2年ぶりだったと思います。実のところ、私自身は何が辛いのわからないけれどなんだか辛くて追い込まれていて、苦しくて仕方ないので診察を受けました。その時期の行動を振り返るとこんな感じです。

 

▼喫煙を辞めたところ、なぜか飲酒の習慣がついてしまっていた。酒量は多くない。気が付くとタバコかお酒か、いつも何かに依存していることに疑問と不安を感じる。

 

▼毎日「死にたい」と思っている。無意味にもキーワード検索している。

 

▼感情をコントロールできず同居する家族と衝突を繰り返し、孤立してしまった。何を思ったかラインのグループから抜けるなど衝動的で意味不明な行動が多い。(その時は気づかない)

 

▼寝つきが悪く朝も辛い。

 

▼現実逃避するように動画を観まくるなど、生活もコントロールがきかない。

 

▼とにかく苦しくて苦しくてどうにかなってしまいそうであった。

 

リストカットをしていた自分を忘れる位に立ち直ったつもりでいたのに、カッターの刃を当てている自分がいる。

 

書き出していて憂鬱になります。読んでくださっている方は大丈夫ですか?

話を進めますよ。

 

発達障害の可能性が浮上

この通院の中で医師から初めて発達障害の可能性について話を聞くことになります。断続的ではありますが十年以上に渡りクリニックへ来ている背景に、「うつ」以外の何かがあるのではないか、ということです。

双極性障害や季節性のうつなど、1つずつ可能性を消して行き最後に残ったのが発達障害でした。 

診察の中で子供のときにどんなことが好きだったかなど、いくつか簡単な質疑応答の後、「断定はできないけれど可能性は考えられる。今はネットにも情報があるから一度ご自分で見てみてはどうか。ここで検査できるから考えてみて。」というようなことを言われたのです。

これが発達障害の可能性を真剣に考えるようになったきっかけです。

 

ネットで検索した時点で、自分の困りごとを代弁してくれているのかと思うくらいに心当たりがあるのです。もっと詳しく知りたくて簡単そうな本を読んでみたところ、やはり言葉にならない諸々の苦しさを丁寧に私の代わりに書いてくれているように感じました。

先生からの指摘と本を読んで思い当たる節を挙げてみます。

 

▼普通の人でいようと必死になっている。

 

▼勤務先は小規模の職場でとても静か。この沈黙を破って2~3人が話し出すざわざわ感が苦手で耳を塞ぎたくなる。表面上は何事もないように振る舞っているつもりだが、内部では頭が真っ白のパニックが起きている。

 

▼何かにハマると一日中釘づけになる。コントロールがきかない。

 

▼幼少期は一人で遊んでいることが好きだった。友人と仲良くしたいという発想はなかったものの、親に怒られるため無理矢理に交友関係を作っていた。

 

▼同級生と交流するよりも先輩についていくことが合っている。

 

▼小学生の頃に自分だけが知っている秘密のマイルールがあった。誰にもバレずに行える最高のマイルール。

 

▼運動は苦手だった。スキップとかできない。

 

▼コミュニケーションに困難を感じる。(全く感じない人はいないかもだけれど)

 

他にもあったと思いますが、今思い出すのはこれくらいです。

 

何が辛いのか、どうしてこうなっているのか何もわからない状況はあまりに辛いことです。

検査を受けて何らかの診断が下ったところで苦しみがなくなったり、直面する問題が解決するわけではありませんし、もしくは何の障害もない可能性もありますが、検査によって自分の得手不得手を知ることで、これから生きるためのヒントを得られるのではないかと思ったので検査を受けることにしたのです。

発達障害の診断が遅れる理由4つ

一般的に、大人になって発達障害と診断される人は、それまでの人生で相当な困難を経験されていてうつや不安といった二次障害を発症しているケースがとても多いそうです。 

これを踏まえて4つ挙げます。

 

・二次障害の背後に隠れている発達障害はなかなか見つけてもらいにくい。

 

発達障害という生来のものと二次障害というダブルパンチによって「自分が発達障害なのではないか」という発想というか客観的な視点などを持てなくなるまで精神的に追い込まれてしまう。

 

・それから、彼らの多くは「自分が間違っている」と思っていて、原因の所在を生まれつきとか自分の手に負えない領域に見出そうなんて1mmも考えないし、自分でどうにかしないといけないと思っている。とても偏った思考になりがち。

自ら「診断を受けてみよう」という発想には辿り着けない。

 

・あるいは、100%他人が悪いと思っていて自分に原因を見出そうなんて発想を1mmも持ち合わせていないパターンもあり。(私の父はコレだと思われます・・・)

 

ひとこと

アハ体験!で有名な茂木先生のネット記事で読んだのですが、困っていないなら病院へ行く必要はない、という考え方もあるそうです。確かにそうなんですよね。

 

あなたも発達障害では?とあおるような情報に触発されて該当しない多くの人が検査を受ける一方で、本当に困っている人はなかなか診断に繋がらないという悲しい現実・・・。

 

追記:検査の結果、ADHDASDいずれの障害も該当するという診断を受けています。自閉傾向強いようです。子どもの頃ひたすらアリの行列や巣を見ていたとか、諸々エピソードがあります。

 

INVOICE(インボイス)が2ページになった場合の書き方とフォーマット

 

1枚のInvoiceに商品を書ききれない場合の書き方について、サンプル画像を用いて解説いたします。

※1枚の書き方の基本は下記記事にて紹介しています。

www.blue-aoko.com

 

輸出する品目が多く1枚に書ききれなくなってしまう場合は、当たり前ではありますが2ページ(以上)に渡って記載する必要があります。

Invoiceに決まった形式がないように2ページの記載も自由ではありますが、わかりにくいと手続きや取引に差し障りがありますので、誰が見てもわかるように記載することが大切です。

 

まずは大まかなポイントを確認します。

▼ページ数の表記は「ページ数/ページ総数」で記載します。

▼同じ品目は一か所にまとめて記載した方が手続き上わかりやすいです。

▼サブトータルを表記します。

▼合計は太字記載するとわかりやすいです。

▼サインは2枚目(最終ページ)のみで良いです。

 

早速サンプルを見て行きます。

2ページ分の書類サンプルを紹介した後、書類をズームアップして詳しく確認します。

 

f:id:blue_aoko:20190716222723p:plain

 

f:id:blue_aoko:20190716222744p:plain

 

ズームアップしていきます。

▼ページ数と総数を明記します。初期フォーマットにページ数の記載欄があるのでしたら、通常は1/1となっていると思います。それを1/2へ変更すればOKです。

f:id:blue_aoko:20190716222829p:plain

 

▼細かいことになりますが、商品の記載欄に注目してください。同じ品目をかためて記載しています。この方が通関の担当者は楽だと思います。わかりにくいと質問されて回答して・・・という無駄な手間と時間が生じますので、わかりやすさはとても大切です。

続いてPO#欄をご覧ください。番号順になってなくて少し気持ち悪いかもしれませんが、品目毎に記載したので仕方ありません。もしも客先からPO#に書いてと要望があればそれに従うしかないかなと思います。(最悪、客先用にPO#順の書類を作成するとかもあり得ます・・・)

最後に1ページ目の合計を記載するのですが、名目はTotalではなくSub totalとします。

f:id:blue_aoko:20190716222853p:plain

 

▼ページ数の部分の変更を忘れないように。

f:id:blue_aoko:20190716222908p:plain

 

▼「Sub total」と「Total」の両方を記載します。Sub totalは2ページ目のみの合計です。その下に1ページ目+2ページ目の合計を記載します。Totalは太字にするとわかりやすいです。

f:id:blue_aoko:20190716222922p:plain 

 

※ちなみにインコタームズは「EXW」となっています。Ex worksの略で、出荷工場渡しの意味合いです。この書類はFedexの客先アカウントを利用して出荷する想定でEXWとしました。例えば、よくある船上渡しの場合は船積み情報を明記の上、インコタームズはFOB Japanとします。

※3ページになった場合も同じ要領で作成可能です。 

 

このフォーマットも例によってエクセルでテンプレートを作成してありますので必要であればDropbox等でリンクをお渡しすることも可能です。ご指摘やご相談はお問い合わせフォームよりお願いいたします。

経験ベースとなりますのであくまでご参考としてください。

 

貿易事務 一覧へ

 

実家暮らしを卒業したい◎引っ越しにかかる初期費用の洗い出し

 

実家を出たいのか、単純に一人暮らしをしたいのか、理由はさまざまだと思いますが、かかる費用に変わりはありません。

一人暮らしを考えた時にネックになる初期費用について洗い出していきます。

物件探しにおいて消費者側で意識しておくべきことも言及しています。更に生活周りの費用についても私の記憶を辿りながら、詳しく書いていきたいと思います。

 

目次:

f:id:blue_aoko:20190710124540j:plain

 

一人暮らしを始める前に

 

最初にどんな項目の料金が発生し、いくら位かかるのか、大まかに知らなくては貯蓄の目安もわかりません。 だいたいは思っていたより費用がかかることが多いと思います。(私の見積もりが甘かっただけかもですが・・・余裕は必要です!)

 

初期費用を用意するだけでは不十分です。

継続的な収入の予定を明らかにしておく必要があります。(契約の際に仕事をしていることが前提になろうかと思いますが。)

それから、いざ生活を始めたらどの位のお金がいるのか。

引っ越しをして終わりではないのです。そこからあなたの暮らしがスタートすることを念頭に置いていただき、初期費用について考える必要があるかと思います。

 

初期費用

 

賃貸の契約には敷金、礼金、保証金等の諸々で数十万の費用が必要となります。物件関係の初期費用について紹介します。

私が暮らしていた木造アパートは都内西側地域の私鉄沿線にあり、家賃は63,000円でした。その時の金額を書きます。

 

・敷金 63,000円

礼金 63,000円

・保証金 30,000円

 (詳しく覚えていませんがこの位だったような。50~100%が相場のようです。)

・仲介手数料 31,500円(半額だったのでこれくらいかなと)

・家賃の前払い 100,000円弱

・かぎの交換費用 (交換済み)

・火災保険料 20,000円位(詳しく覚えていませんが、だいたいこの位だったような)

・引っ越し費用(赤帽さん) 18,000円

------------------------------------

合計:約325,500円 

 

上記の費用が何であるか、詳しく見て行きましょう。

物件を紹介してもらうにあたっては仲介手数料についても理解が必要だと考えます。何がナンダカ、という方にはぜひご一読いただきたいと思います。

 

[敷金]

保証金として預けるお金です。退室時の部屋のクリーニング代はここから引かれて余った分は返ってきます。汚損が激しい場合には敷金のみでは足りず、追加請求が来る場合があります。

壁の日焼けなど経年劣化の部類は借りている側の責任にはなりません。オーナー側が負担すべき費用です。以前は悪質な請求が珍しくありませんでしたが、近年は少なくなってきていると思います。退出時の費用請求に疑問があれば、遠慮せずに確認しましょう。納得のいく回答が得られる前に支払うのではなく、一度消費者センターなど専門機関に相談してください。

 

礼金

賃貸のオーナーに支払うもので返還はされません。以前は当然のように礼金のかかる物件が多く、しかも敷金礼金共に2ヶ月というケースが多かったと思いますが、近年は礼金ゼロ物件も増えてきています。

そもそも礼金を支払う必要があるのか、という疑問の声が上がるようになってきていて、若い単身世帯の一般的な物件に関しては礼金ゼロまたは1ヶ月の物件が多くなっていると思います。

私が最後に物件を契約したのは、今から8年程前ですが礼金1ヶ月でした。ここ数年も探すことはありましたが敷金礼金が1・1の物件は多いように思います。

 

[保証金]

保証会社に保証金を支払います。本人が家賃を支払えなくなった場合に備えるものです。近頃は保証人をたてるより、保証会社へ依頼するケースが多いと聞いています。

 

[仲介手数料]

あなたに物件を紹介した不動産仲介会社に支払う手数料です。だいたい家賃の半分~1ヶ月分です。

 

この費用について私見を書きます。

 

仲介手数料ゼロ物件は、おそらくあなたの代わりにオーナーが負担しています。仲介会社が全物件にキャンペーンを行うのであれば、違和感はないのですが、「その物件のみ手数料ゼロ」であれば、私だったら理由を聞いてみたいです。

オーナーが手数料を負担してまで空室を埋めたい理由はなんだろうか?人気がないのには何か理由があるのでは?ということを懸念します。

 

仲介会社の儲けが仲介手数料です。営業は当然儲けを考えます。仲介手数料の少ない物件より高い物件の契約が取れた方が良いに決まっています。

ここで再確認ですが「あなた側の手数料ゼロでも、オーナー側が負担している」ということです。

最初におすすめされるお部屋は仲介会社にとってベストな選択であっても、あなたにとって最適な部屋であるとは限らないのです。決めるのを焦らない方が良いです。

そうは言っても契約は取れた方が良いです。あなたがご自身の希望を貫けば仲介会社の思惑に係らず、希望に沿う物件を提案してくると思います。

 

いろいろ書きましたが、十数年前に私が初めて利用した仲介会社の方は、わりと親切だったと思います。

当時18歳だった私にもだいぶ親身になってくれていた記憶があります。その方ご自身も高卒でだいぶ苦労されていたようでした。高校から一人暮らしをしていると聞きました。本当は消防士になりたいと話されていましたがその後どうしているでしょうか・・・と、ふと思い出しました。脱線しました。

 

[家賃の前払い]

記憶が曖昧なのですが、入居月と翌月分くらいは前払いで払っていたと思います。

 

[かぎの交換費用]

玄関ドアのかぎを新しくするための費用です。かぎの種類によります。安全性の高いもだと3万円+αします。

 

最初の物件ではかからなかったと記憶しています。怖い事にかぎを交換済みかどうかまで全く気が回りませんでした・・・2回目の引っ越しで物件を探している時に初めて「かぎ交換費」について知りました。

 

[火災保険料]

必ず加入します。物件によります。

 

[引っ越し費用]

冷蔵庫、洗濯機等を新規でそろえるのなら荷物は少ないので、赤帽さんにお願いすると安く済みます。おまけに実家から引っ越し先への移動は、助手席に乗せてもらえるので楽です。(女の子が助手席に乗ることに抵抗があればやめておきましょう!)

安いですが自分も荷物運びを手伝う必要があります。費用を抑えるためにそれは仕方ないですね。

または、友人の協力を得られるのであればぜひお願いしたところですが。

 

身の回りの家具家電、雑貨

 

生活を始めるためには最低限必要な大小の道具類を揃える必要があります。

私が購入したものはだいたい一人暮らし用でなるべく安いもを購入しました。ご参考までに概算金額もを書き出します。

 

[大物、家電系]

・冷蔵庫 30,000円

・洗濯機 30,000円

・テレビ 21,000円

・電子レンジ 12,000円(展示品のオーブン付き)

・炊飯器 3,000円 (炊き上がりの味は壊滅的、お米はパサパサ。慣れます。)

・カーテン+レースのカーテン 20,000円

 (女性は必ず必要。ピンクなど可愛いカーテンは防犯上良くないかもです。)

・足つきマットレスベッド 19,000円(実家から持っていけば良いと思います)

・ガスコンロ 18,000円 

 (引っ越し先にはガスコンロがありませんでした。今はオール電化の物件も多いと思いますが、築年数の古い物件の電気コンロは使い物にならない可能性が高いです。見学する時に確認しましょう。)

・小さいテーブル 3,000円

 (食卓や机にしていました。実家にあればそれを使えばOKです。)

 

[小物、雑貨系]

・洗濯物干し 2,000円×2個

・調理道具

 ・フライパン 2,000円、鍋 2~3,000円、計量スプーン、木べら、ボウル等

・食品、調味料

 ・米、塩、砂糖、しょうゆ、酒、酢、みりん、ソース類、マヨネーズ、ケチャップ

・日用品

 ・洗濯洗剤、食器用洗剤、ハンドソープ、シャンプー、スポンジ、トイレ掃除用具

・食器類

 ・洗いカゴ 2,000円、皿、はし、スプーン等(100均でそろう)、タッパー類

・バスタオル、ハンドタオル複数枚(洗濯が間に合うように)

・シーツ(替) 3,000円

・掃除道具 ドライシート、ウェットシート、取り付け本体 計1,200円

 (余裕があれば掃除機を買いたいところです。本体も100均で300円位です)

 

かなり細かくピックアップしました。

あとはご自身がどのような生活をしたいか、というところによってくると思います。

 

料理をしないのであれば、炊飯器や調理道具系は必要ないですが、女性事務員の場合は多少は自炊をすることをおすすめしたいです。

効果は節約だけではありません。

おかずの作り置きや食材の保管なども身に着けるには絶好のチャンスだと思います。

このご時世に専業主婦というのは望めないと思いますので、せっかくの機会に効率の良い家事に慣れればあとが楽だし、いわゆる女子力アピールもできると思います。

 

尚、男性にとっても家事能力があることは共働きを考えればとてもプラスになることだと思います。

 

あくまで私の経験ベースです。抜け漏れのないよう見直しましたが、気になる点のご指摘はお手数ですがお問い合わせフォームへお願いいたします。

 

今後は、毎月の生活費についても記事を掲載する予定です。事務職の暮らしぶりをイメージしていただけるかなと思います。

 

一人暮らし 一覧へ