aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・諸々の生きる術など)

事務職のお小遣い帳(2019年10月)◎今月の被服費・美容費など

 

30代女性・実家暮らしの毎月の支出を公開する記事です。10月分をアップします。

 

「人のふり見て我がふり直せ」と言いますから、そんな意味でのご参考になればいいなと思います。

というのは建前でして、本音はこうです。

貯金できない&赤字の現実を直視したくなくて支出管理をやめてしまいそうなため、「毎月記事にする」ことをルール化することで確実に記録を取り、適切に支出を管理できるようになりたいからです。

目次:

10月の集計結果

集計結果の画像を貼りつけます。

 

f:id:blue_aoko:20191102175853p:plain

はい、赤字ですね。 

 

項目別の振り返り(言い訳)

出費が嵩んだところなど、いくつかの項目について振り返って言い訳します。

◆食費:約500円

家族がスーパーへ行くので私は食材をほぼ買っていません。

 

◆服飾:約12,000円

ユニクロでカーディガン2着、トレーナー3着買いました。

全て週末セールで価格が下がっている時に買いました。あとは、レッグウォーマーやらヒートテックなどの小物の冬支度もしました。

買い過ぎたな・・・

 

◆美容費:約17,000円

ようやく美容室に行きました。

反省点は、電動シェーバー約4,000円を薦められて買ってしまったことです。

 

◆チャージ:約4,000円

先月よりもだいぶ抑えられました。

 

◆交際・外食:800円

4ヶ月目にして交際費0円記録が止まりました。

唯一心を開ける異性とその場の流れでランチへ行きました。私の仲間(=ASD)だと感じるので心を開いています。

 

◆医薬品:約14,000円

耳栓3種の購入費をここに含めています。ノイキャン耳栓4,400円と高額です。

それからイフェクサーという心療内科で処方される薬や、睡眠の薬がけっこう高いです。

 

◆お小遣い:約25,940円

たいしたことしていないつもりでも、あっという間にこの金額ですよ。菓子折り、書籍の購入費のほか、収納グッズや雑貨などを買いました。

 

◆イレギュラー:14,500円

エアコンの掃除を依頼しました。エアコンをつけると匂うし気分が悪くなるくらいに状態が悪く、やむを得ず呼びました。

それもそのはず、約5年、一度も掃除をしていませんでした。

 

◆冠婚葬祭:0円

イベントがありませんでした。

 

◆貯金:0円

貯金に回す余力がありません。

 

まとめ

厳密には、実は退職してしまっていて「事務職」ではなくなっているのですが、本記事の始まりは事務職でしたし、私の社会人ライフの9割9分は事務職でありましたので引き続きこのように表記しています。

そのうち無職かフリーターへ変更するかもしれません。 

 

ユニクロでトレーナー3着は買いすぎでしょうかね。白は汚れそうなので2着買ってしまいました。

   

20~30代女性の家計簿 一覧へ

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)の当事者は男女の駆け引きを理解しているか?

 

個人の経験を書きます。

私は自閉症スペクトラム障害に該当するという診断を受けています。

 

駆け引きという言葉概念の存在は知っていますが、自分が当事者になった場合に「現在駆け引き中」ということは理解できません。

少なくとも二十代のうちはさっぱりわかりませんでした。その辺りを詳しく書きます。

 

目次:

f:id:blue_aoko:20191101175313j:plain

 

スナック勤務経験とA氏との出会い

以前、二十代の頃ですが、副業でスナックに勤めていた時期があります。その時に起きた駆け引きの内容と、それを理解できない当事者(=私)について記憶を辿りながらお話します。

当時は自分の障害を知らなくて、とにかくコミュニケーション下手だと思っていました。

家庭の事情により副業をせざるを得ない状況で、本業の会社員のほか、スナックと事務のパートというトリプルワークをしていました。

 

そのスナックは基本的には女の子と楽しくお酒を飲む場所で、ほぼ疑似恋愛とか色恋というフレーズとはあまり縁のないスタイルでした。

とはいえお客から気に入られやすい女の子はいましたし、特定の固定客を持っているなど「このお客さんにはこの女の子」というのはありました。

 

私にはある50代のお客、A氏がつきました。

同伴、同伴、同伴、花束、プレゼント、同伴、同伴、花束、プレゼント・・・・・・

 

A氏の振る舞いは、あまりに熱がこもりすぎて場末のスナックには似つかわしくありませんでした。

あまりの猛烈さに圧倒されます。

 

先に結末をお話しますと、1年経たないうちに、私を振り向かせることはできないと気付いたらしく別れを告げられました。

説明しておきますと私は当時彼氏がいましたので、彼氏アリということをどのお客にも話していてA氏もそれを承知しています。

いわずもがな、A氏は妻子持ちというやつです。

 

とても不思議で全く理解不能なことに、このような状況で本気で私と付き合えると思っていらしく、それができないから諦めると言って去っていったのです。

 

さて、このA氏との間に起きた駆け引きについてお話します。

 

一連の出来事が「駆け引き」に該当すると気付いたのはつい昨日のことです。

YouTubeにどのような内容をアップしようかなぁと歩きながらぼんやり考える中で、スナック勤務のことを思い返していて、フッと気付いたのです。

「あれは男女の駆け引きというやつだったのか!」と 。

 

私は現在33歳くらいです。何年越しでしょうか?笑

 

A氏の駆け引き  

【地元のお店でお世話している(?)、B美の話をする】

A氏はこちらのお店にわざわざ通って来ていました。

地元に親しくしている女の子がいるそうで、ある時からよくその女の子の話をし始めました。

私はよく「へぇ~。仲良しなんですねぇ!」とか言って聞いていました。

そしてA氏は、自分がいかにB美に親切にしているかを詳しく話してきました。仕事を世話したとか、〇〇してあげた、みたいな自分が優しい話をしてきました。

自分を良く見せたいのだろうな、というのは思っていました。

 

【B美をベタ褒めする】

そのうち、その女の子が「僕が見る中でもキレイ」とベタ褒めするのです。

「そんなに好きならそっちの店に行けば良いのに、一体なんなんだろう?」

そう思っていたので、反応に困りました。

 

【同期のC子におみやげを渡す】

出張の多い人でした。いつもお店への差し入れとは別に、私におみやげを買ってくるのですが、ある時、私の同期のC子にも買ってきたのです。

そしてそのおみやげを私に預け、C子に渡すように言いました。

A氏が特別扱いするのは私だけではないのかな、と思うと、お店の女の子としてはちょっと焦る気持ちがその時はありました。

ただ、まぁそれは仕方ないというか・・・。私の力不足だろうな、と思っていました。

しかし、結局のところ乗り換えるわけではないんですね。

 

【いじわるなことを言う】

素人のコミュ障ですから、そんなに上手な接客はできません。

諸々の指摘を受けることについて、返す言葉もありませんが、そにしたって元も子もないようなことを言うのです。

「お店の女の子としてはまだ足りない」みたいな感じです。

何がどう足りないののかもわかりません。不満ならば来なければいいのに、と思っていました。

(おそらくA氏は私を困らせたい、気を引きたいという意図ですが、駆け引きと同類と思います。)

 

ーーーーー

 

ざっと思い返すとこんな感じの出来事がありました。

これはまさしく漫画などで読む駆け引きなのではないか?!ということに気付いたのです、昨日。

 

感覚としては、「内容を理解するとクリアに聴こえる英語リスニング」のようです。

一度聴き取れたものは、もう正しい内容にしか聴こえません。

あれもこれも駆け引きにしか見えません。

そして一度駆け引きだとわかると、なぜあの時何も気づかなかったんだろうと不思議でなりません。

 

二十代彼氏持ちと本気で付き合えると思っているおじさんといい勝負の不思議さです。

A氏の渾身の駆け引きが全て私には通じていなかったわけです。ちょっと気の毒ですが、まぁまぁ笑えます。 

 

以上のように、私の場合は水商売に身を置きながらも駆け引きに気付かないというKYっぷりで生きてきました。

 

自閉症スペクトラム障害の女性は守られるべき

思うに、このような鈍さを持っていると、特に女性の場合は身の危険と隣り合わせでもあります。

A氏はその点、紳士でありましたので私には何の危険も及びませんでした。

 

ただ、私の人生が安全だったのかというとそうではありません。それ以上は書きません。

 

私のように何もケアを受けずに社会へ放り出されるのはとても危険なので、周囲が気付くこと、気付いてから適切なケアを受けたられたらいいなと思います。

適切なケアがなんなのか、存在するのかもわかりませんが・・・。

 

オマケ:お店で彼氏持ちを公言する理由

自虐ネタになるからです。

お酒の入ったおじさん方はお説教やアドバイスをたれることが大好きです。彼氏とうまくいかないことを誇張すると、私が話さなくてもお客からお説教だのアドバイスだの勝手に話してくれます。

会話が得意でない分、このように身を削るほかありません。

彼氏から振られた話もネタにしていました。

 

婚活はたいてい後味が悪い、バチェラー3ほどではないけれど◎婚活をやめた人の話

 

婚活には圧倒的に後味の悪いエピソードが多いと思います。

婚活って誰得?

いわずもがな、サービスを提供している会社得です。

彼らは利用者の生き血をすすり立ち上がれないほどに弱らせることができます。そうする意図がなくてもその力があります。

ごく少数ですが、サバイバルで生き残る勝者(に見えるだけ?)もいますが、私はそうではありませんでした。

ここに、後味の悪い体験を書き残します。

 

目次:

f:id:blue_aoko:20191031212713j:plain



活動状況

現在は、すでに婚活をギヴアップしていて全てのサービスから退会済みです。

 

活動を始めたのは、いわゆるアラサーの二十代後半の頃です。途中で休んでいた時期もありましたので動きに波がありましたが、約2年くらい婚活サービスに登録し、活動を諦めきれない人でありました。

(会社員をしていて発達障害と診断される以前のことです。)

 

結婚相談所は電車内でも広告を出しているわりと大手で、婚活アプリはもともと結婚情報誌を出している大手を利用していました。

それぞれの活動における特に嫌なエピソードを1つずつ紹介します。

 

エントリーNo.1: 結婚相談所の友だち男

「友達でいてほしい」

振られたときに言われた言葉です。

 

3ヶ月の仮交際期間は週に1回はデートや食事へ出かけていました。

この期間を経て、最後に二者択一を迫られた先方は私を振りました。私は選ばれなかったのです。

 

振られた日のことを書きます。

事前に私も先方(男性側)も、結婚相談所の担当者に相談した上での「振られデート」でありました。先方の担当者Aは、事情を知っていましたが「振るために私と会う」という男性の暴走を止めませんでした。

 

私の担当者Bからは、「詳しいことはわからないが、今度のデートで進展があると思う。」という主旨の話をされました。

おそらく担当者Bも事情を知っていたのではないでしょうか。会社として行うサービスですから、その辺りはぬかりないはずです。

 

当日は、私の好きな居酒屋(チェーン店でない)へ行きご飯を食べました。当然割り勘です。

ここで何か話があると思ったのですが、何もありません。そして二件目に誘われました。電車で移動し別のお店へ入ります。このときすでに22時を回っていました。

それからの話はなんとなく要領を得ず、なかなか本題に入りませんので、軌道修正したいと思いつつ私も上手に切り出すことができませんでした。

ようやく先方が話を切り出したのは深夜になってから。私を振った時にはもう終電もなくなっていました。

 

ここで言われたのが冒頭の「友達でいてほしい」という婚活においては完全にルール違反なやばいセリフです。

もう少し補いますと「こんなにいろんな話ができる人は今までいなかった、これで縁が切れるのは嫌だ、だから友達というか・・・縁を切らないでほしい」という主旨の話をされたのです。

 

その場で私は納得し、悲しむことも泣くこともなく、一緒にお店を出ました。

そして先方に見送られてタクシーで帰りました。

自腹で。

 

振るためだけに私の時間を奪ったのですから、せめてタクシー代くらい出せ。

 

まぁタクシー代なんてのは大した問題ではないのですけれどね。こんな強気なこと言えるのは笑い話にできるほどには気持ちが落ち着いたからです。

 

エントリーNo.2: 婚活アプリの転居したヤツ

「やっぱり結婚とかまだ無理かも、自分のことで手一杯だし」

私の年齢も、ただの恋人探しではないことも、全て伝えて交際していたのですが4ヶ月経たないうちに尻込みを始めいなくなりました。

 

いきさつはこうです。

忙しいという理由で1ヶ月位会うことができませんでした。転職を考えているとか、仕事も忙しいとか。

その転職も、もしかしたら地方に行くかもなんてことを言っていました。まだ具体的な話ではなくちょっと迷っているという感じの話だったので、私から問い詰めることは控えていました。

大変そうだと思ったので私からも頻繁に連絡することはできませんでした。

 

そうこうして約1ヶ月位経った頃に少しまとめて休みを取るというのですが、実家へ帰るというふうに言うのです。

それは結構ですが、私といつ会うつもりなのだろうということが不明でした。

 

ちゃんと話そう、ということになりました。

が、私はわざわざ会って話す必要もないのではないかな、と思い始めていたため電話で話すことになりました。

 

そして「実は・・・今はそれどころじゃない・・・待たせるのも悪い」ということで、「やっぱり結婚とかまだ無理かも、自分のことで手一杯だし」という話になったのでした。

 

後日、こっそり婚活アプリで検索したところ、確かに転職・転居したようでした。転職で転居したことをプロフィールに新たに書き加えて婚活していました。

 

カス。

 

誰が幸せになったのか

結婚相談所の友だち男を振り返りましょう。

二者択一で私が選ばれたとしても、迷いに迷って相手の方へ未練を引きずっていたとしたら・・・

このような付き合い方は私の求めるところではありません。

 

また、後日、私の担当Bに事の顛末を話した際に聞いた話があります。いろいろと話をしているうちに少し情報をもらいました。

「実のところ・・・相手の女性の気持ちが揺れ動いてるらしい、というのも聞いている。」と。

 

担当Bからの励ましは、「今回のことは止められてなかったことが申し訳ない。だが、相手の本質が見えてよかったとも言える。」という主旨のことでした。

 

さて、この婚活。誰も幸せになっているように見えないんですが。

 

次に婚活アプリの転居したヤツを振り返ります。

 

このように、自分が何したいかわからない結果、人を巻き込んで時間を奪う行為を三十半ばでやってしまうことがちょっと考えられません。

 

アホだと思います。

 

私のIQは93と一般レベルより低い水準です。

転居したヤツは私より物知りだし給料も良いし、大きい会社に勤めていたようだけれどあまり賢くないんだと思います。

本当は私くらいのオツムがお似合いかもしれないのにね。

 

余計なお世話なのですが、転居したヤツと次に出会ってしまう女性が気の毒です。

 

婚活を人にすすめるか?

すすめません。

後悔しそうなら活動しても良いと思います。

私はもう後悔がありませんので、二度としませんし、不快な記憶しか残っていないため人にはすすめられません。

活動したいというのは個人の自由ですから止めることはしませんが、すすめもしません。

 

アフィリエイトサイトでは結婚相談所の薄っぺらい比較表などを広告収入のために書いていますが、くれぐれも真に受けないように、ということを過去の私に言いたいです。

なんといっても私の頭の悪さは検査で出ていますから。

 

関連記事

www.blue-aoko.com

 

休養による体調の変化を報告◎湿疹がきれいに治りました、OPPは相変わらずです

 

会社へ行かなくなって2ヶ月位した頃に「あれ?そういえば最近体が痒くない」ということに気付きました。 

一年中出ていた体の湿疹が治り、新しいブツブツも出なくなりました。

OPP(お腹ピーピー)は相変わらず治っていませんが、とても幸いなことに自宅にいればいつでもトイレに駆け込むことができています。 

 

休養に入る前の症状と、現在の体の状況について書きます。

目次:

f:id:blue_aoko:20191030100412j:plain



休養に入る前

もともとアレルギー体質で、花粉やハウスダスト、金属に反応が出ます。猫や犬といった動物にも少し出ますが、以前はワンコと一緒に寝ていたのでほぼ問題ない範囲です。

 

かゆみを伴う湿疹は二の腕やお腹周りによく出ました。

 

皮膚:乾燥している箇所

特に二の腕やお腹周りが乾燥してかゆくて湿疹ができていました。お腹というのは脇腹のあたりです。

スネの当たりも乾燥してブツブツができるためスカートをはくときは黒ストッキングが手放せませんでした。

湿疹の出ている場所は、見た目には粉をふいて乾燥していました。強いかゆみがあるのでアレルギー症状に見えました。ひどくかきむしってしまった時は皮膚科でアレルギーの飲み薬とかきむしった箇所に塗り薬をもらい症状を抑えます。

かきむしるのでインナーに血が付くこともしばしばです。

 

皮膚:汗をかく箇所  

ブラをつけいてるところなどは乾燥というより、汗の影響でかゆくなります。

夏場はブラをつけているところが汗もでかゆくて、お腹は乾燥してかゆい、という感じでした。

 

OPP(オーピーピー=お腹ピーピー)

お昼を食べた後に猛烈な腹痛に襲われてお腹を下すことがあり、ギリギリ我慢するのですが結局は月に1~2ヶ月に1回程度早退していました。

狭いオフィスでトイレへ行くことがはばかれるのです・・・。(ちなみにトイレは男女共用の1つ。)

 

変な汗をかいて顔面蒼白で早退して、帰宅途中のトイレへ駆け込むのです。トイレに辿り着くまではいつ人生が終わってもおかしくない状態なのです。

OPPが原因で会社では軽めの昼食しかとらなくなったのですが(または一切取らない)、それでも来るときは来ました・・・。

 

会社で早退しなかったとしても、朝・夜間や休日も腹痛に襲われますので年中OPPです。友人と出かけてもあまり食事を取れませんでした。

 

一応、胃腸と大腸の検査を受けましたが病気は見つかっていません。おそらく過敏性腸症候群といわれているものだと思います。

 

働き始めてからの体調の変化を振り返る

直近で勤務していた会社に入ってから湿疹が激しくなりました。年齢によっての変化は以下のとおりです。

 

[20代前半]前の前の会社で、辛い時期に毎日OPP。辛い時期を脱してから回数は減る。冬の時期に湿疹が出るようになる。

 

[20代中盤]トリプルワークによるストレスで神経性胃炎になり激やせする。このときはOPPよりも胃痛が深刻で食事を取れなくなる。湿疹が悪化し始める。

 

[20代後半]直近の会社で再びOPPが悪化する。胃痛も出るが過去の神経性胃炎ほどではない。湿疹が激しくなり一年中ブツブツが出ている状態になる。

 

湿疹については加齢によるものだと思って諦めていました。アラサーともなると体質が変わるんだな、という風に捉えていたのです。(昔よりも生理痛が強くなってきて、毎回痛み止めが必要になり、時に早退や休むこともありましたので。)

 

とはいえストレスによる影響も多少はあるかもしれないと感じていました。たとえば上司の話を聞いている時に腕が痒くなってひっかいていたり、家族とトラブルになった後に体をかきむしっていることがあったので影響はなくはないだろう、というのはわかりました。

 

休養に入ってから

冒頭に書いたようにいつの間にか湿疹が消えました。 汗をかいてかゆくなることはありますが、お腹周りの乾燥・かゆみ・ぶつぶつが無くなったのです。

休養に入って2ヶ月位経った頃に気付きました。

2ヶ月経過する間に1回だけ家族と大きなトラブルが起きた際に体をかきむしっていましたが、それもいつの間にか治まり、そのまま湿疹は消えたようです。

暑い夏が終わり、季節は乾燥に向かっていますが今のところ新しいブツブツは出ていません。

 

今、お腹周りを触ってみてもスベスベです。残念ながら湿疹の痕は残ってしまっていますが、ぶつぶつとかゆみが治まっただけで十分にありがたい幸せです。

少し乾燥を感じることはあるので、お風呂上りに適当に乳液をつけています。

 

おまけ

強いストレスを抱えた状態がいかに体に悪いかを身を持って知りました。どうしてここまで無理してきたのか、と今は思います。

 

体だけでなくて、当然ながら心も病みました。どんどん死に吸い寄せられていくのです。最後の一歩踏み出す勇気が出なかったため、今ここにいます。

 

生きていれば良いことがある、とは言いません。

 

確かに過去にワンコと暮らした数年は、私にとってこの上ない幸せと温かさをもたらしました。今も心の拠り所なので、間違いなく良いこともあるのです。

一方で、その暮らしのために取ったリスクがあるし、それとは関係なく、ここに書けないくらいにひどい経験もしました。

 

「生きていれば良いことがある」と簡単に言えないのは、その前に死んでいてもおかしくないからです。

それでも、なぜ私は生きているか。

生きているから生きている、死んでないから生きている、ただそれだけです。特別な理由はありません。

 

私が言えるのは「強いストレス環境から逃げたら湿疹が治ったよ」ということだけです。OPPは治っていません。

 

度を超えた先延ばし人間へ(徳井へ)◎遊んで食べて寝て、何がいけないの?byコジコジ

 

チュートリアル徳井のだらしない姿がどうしても他人事のように思えないので、何か書きたいと思います。

 

私も同じように非常にルーズな度を超えた先延ばし人間です。

大人になって少しずつ改善されてきた部分もありますが、今に至るまで自分なりに試行錯誤の工夫をしてようやく人並み以下、という具合です。

 

目次:

f:id:blue_aoko:20191028163411j:plain



私の事例

徳井の言動が他人事に思えないのは、私も同様のことをしてきたからです。大人になってやらかしてきた私の事例を挙げます。

※先延ばしだけでなく忘れっぽいなどのADHD的傾向と思われる事例をピックアップしています。私自身はASD自閉症スペクトラム)にも該当すると診断を受けていますが、本記事では私のADHD的傾向についてのみ書いています。

 

[暮らし]

・1人暮らしを始めて部屋が荒れ放題になる。

 ・空のペットボトルが散乱

 ・服が散乱

 ・物が散乱

 ・ゴミが散乱

・公共料金の支払いをしないため、ライフラインや携帯が止まる。

・後払いの買い物の請求書を何枚も何枚も何枚も受け取っておきながら支払わず、ついに深刻な書面が来てようやく支払う。

・2階の一人暮らしで、うっかり窓を開けたまま寝入る。(危険)

・用事を忘れてしまい、すっぽかしたり、予定をバッティングさせる。

 

[仕事]

・仕事を忘れる。

・優先順位を考えられず、好きな仕事への時間配分が多すぎて他の業務に支障をきたす。

・書類のケアレスミスが多い。

・年末調整の社内提出書類等を最終日に提出する、もしくは忘れて催促を受ける。

 

対策

今、思い出しながら書いていますがけっこうヤバいですね。生活に支障をきたすレベルでした。

これらの困難を改善するため、現在までどんな工夫をしてきたか、ざっくり書いてみます。

 

・部屋を散らかさないために、生活時間割を作って、掃除やゴミ出しの予定を貼り出す。(現在、実験中ですがけっこう良いです)

※実際の時間割を動画で映しました。YouTubeのリンクを記事の最後に貼っています。

 

・用事を忘れないために、Googleカレンダーで複数回の通知を出す。(当日朝覚えていても、2時間後には忘れていたりするためです。)

 

・仕事を忘れないために、

 ・スケジュールノートに提出日だけでなく、作業日も書き込む。

 ・その場で予定を組む余裕がない場合、とりあえず次の日の欄に、予定を組む予定を入れる。

 

・書類のケアレスミスを失くすために、

 ・定規を当てて1行ずつ確認する。

 ・確認のチェックを鉛筆でつけながら確認する。(最後に消す)

 ・確認漏れをしやすい箇所には、PCフォーマット上にコメントを入れるなりして確認漏れを起こさないように工夫する。

 

周囲のサポートが必要

自分のことを理解するため、より良い工夫をするために、まずは周囲のサポートが必要です。工夫ができて、それが上手くハマれば生活が回っていくと思います。

 

ただし、事務手続きなどの先延ばしやケアレスミスなどを完全に解消することはできないと思います。というか、そもそも、そんな必要もないのではないでしょうか。

これに関しては仕事の形で、生業としている人に依頼すれば良いと思います。

その必要性というか、ことの重大性について、今回のことでようやく気付けたのではないかなと私は想像しています。

 

おまけ

コジコジが作品中で「遊んで食べて寝て、何がいけないの?」みたいなことを言うのです。

「ほんとそれ!」って思うんですよね。

 

君は一体将来何になりたいんだ?!と先生に怒られると「コジコジはずっーとコジコジだよ」と回答したり。

「それそれそれ!」

 

まる子やコジコジみたいな大人がいたとしたら、日本の社会で暮らすのは無理そうだろうなって思いますよね?

そういうことなんです。

とはいえ、工夫の余地はありますし、徳井は徳井自身の得意なこと好きなことをしてこれらかも暮らしてほしいです。

 

▼徳井には届かないと思うけれど、同じようなことで困っている人に声をかけたいと思ってYouTubeでも私の事例を話しました。


徳井へ、私も先延ばし人間です◎遊んで食べて寝て何がいけないの?byコジコジ【録り直しver】

 

▼過去に書いた関連記事

www.blue-aoko.com

 

話し声や物音を我慢するのは当然だと思っていた*聴覚過敏を知っていますか?

 

複数人が小声で話す『ざわつき』がとても苦手です。

会社では一日に何回か、『音』が原因で頭の中がパニック状態に陥るのですが、10年以上の間、「平気な顔」をして会社員をしてきました。

 この記事では、私の音に対する過敏な症状と対策についてシェアしたいと思います。

 目次:

 f:id:blue_aoko:20191022122109j:plain

オフィスで遭遇する苦手なシーン

静かなオフィスを思い浮かべてください。

周囲で2、3組の人たちが話し始めると、たちまちオフィスがざわつき始めます。このざわつきが私には大音量の騒音のように聴こえるのです。

 

苦手なシチュエーションの事例をあげます。

 

[電話対応]

電話中に社内で相談や議論の会話が始まると電話越しの声が聞こえにくくなります。正確には声は聞こえるのですが、話が全く頭に入ってこなくなりパニックになります。

とりあえずの対処として「お声が遠いようで聞き取れない」と言い、「もしもし」「もしもし」と通信トラブルを装って時間を稼ぎます。少しパニックを落ち着けてから、仕方ないので片耳を塞いで電話の音量を上げて話を聞きます。

片耳を塞ぐ行為は周囲に「うるさい」と言っているに等しいので、本当はあまりしたくありませんが仕方がないです。私が片耳を塞いだところで、それに気付く人はいないはずですからね。

 

[対面で打ち合わせ中]

上司に相談や打ち合わせをしている際に関係ないところで会話が始まったり、電話対応が始まると目の前の上司の声が聞こえにくくなります。

指示の内容も頭に入らなくなりパニックになるのです。

幸いにも、周囲の会話が長引くことはないので、パニックになった部分のメモをが抜けるだけで済みます。

指示内容を復唱確認したときに、メモの抜け漏れを指摘してもらうようにしています。上司から見れば、私のメモが下手なだけで頭の中がパニックになっているとは想像もしていないでしょう。

 

[物音に驚く]

突発的な物音にも弱いです。1人でオーバーなリアクションを取って驚いてしまいます。これも周囲かれすれば、単純にオーバーリアクションな人というだけの話です。

しかしながら、ざわつきによる苦痛に耐えている上で大きな物音にも耐えていので、精神的な疲労は非常に重くなっているのです。

引出を閉める、扉を閉める、ファイルを取り出す、といった動作音の大きな人がいると参ってしまいます。

 

私の取った行動

本当は、両手で耳を塞いで「うるさい!!」「やめて!!」と叫びたいのですが、周囲の先輩や上司に、そのようなことをする人は一人もいません。

普通に仕事をして、普通に会話をしているのです。

  

私は、周囲の先輩や上司の真似をして普通の顔をしていました。

 

誰も耳を塞がないということは、私のパニックは「間違っている」もので、「我慢しなければいけない」と無意識に自分の気持ちを抑え込んでいました。

そして「みんな平気なんだから私も平気」と思うのです。まさか自分だけが音をうるさく感じているとは思いもよりませんでした。

 

上手く説明できないのですが、『音』に対してストレスを感じていることをなるべく認識しないようにしていました。

不幸なことに、ストレスだと認識しないことにより何の対策も施せなかったために、知らず知らずのうちに大きなストレスを抱えることになってしまうのです。

 

聴覚過敏を認識したきっかけ

通院していた精神科の主治医より発達障害の可能性について話が出ました。その時、30歳を過ぎていました。

検査を受けるかどうか考えるにあたって本やネットで情報を集めて、初めて発達障害のことをよく知ったのですが、その中で特徴の一つに聴覚や嗅覚などの感覚過敏が挙げられていました。

私は、オフィスで『音』によってパニックに陥ることを思い出しました。

 

本やネットを読むと、私の困難の全てを私の代わりに言葉にしてくれていたのです。そうして検査を受けた結果、発達障害であることがわかり、ようやく私は聴覚過敏ということを自覚したのです。

音がうるさいと思うことは間違っていなかった、私のストレスは正しかったのです。

そう思うと泣けてきました。

 

ストレスを自覚できない

聴覚過敏に限ったことではないのですが、一応書いておきます。

発達障害者は親からも友人関係の中においても、わりと全否定されながら生きているケースが多いです。私もそういう事例の1人で、子どもの頃から否定され尊重されずに育つと、あらゆる事柄において自分は間違っていると思い込み、周囲の人が正しいと思っています。

嫌だと思っても受け入れなければならないこと、周囲の真似をしなければならないことがあまりにも多すぎて、『自分の感覚や感情』を認識することができないのです。

しかしながら、聴覚過敏であることに変わりはないので、知らず知らずのうちに多大なストレスを抱えてることになります。

 

それから、発達障害の特性としての鈍感さというのもストレスに気付けない1つの要因になり得ると思います。

 

私のケースでは、主に前者の方でストレスを自覚できなかったのだろうなと思っています。

 

耳栓と暮らす

現在の私は、日常生活において耳栓やウォークマンノイズキャンセリングを使って騒音を軽減するようにしています。

 

残念なことに職場復帰の目途が立たなかったため、私はすでに会社を退職してしまっています。そのため会社内で対策を取っていた期間がなく、どのような形で耳栓を生かせるのかは私には未知です。

仮に社内で発達障害をオープンにする場合、耳栓の装着は認められると思いますが、そうでない場合は目立たないものをこっそりつけるしかないのかな、と思います。

 

耳栓は日常生活にも非常に役立ちますので私が使っているものを紹介します。

 

1.アナログの耳栓

1) Quietide

f:id:blue_aoko:20191022115248j:plain

 

予備を含めて3pcs入っています。家族と話すときは耳栓をゆるめています。付けていることが目立たないのも良いです。

特別遮音性が優れているというわけではないと思います。活動中にはちょうど良い程度に音が聴こえます。

黒の収納ケースが付属していますが、フタを回すと「キィ」という音が鳴って不快なため使いません。ケースの品質を上げるか、ケースを失くして少し値段を下げてほしい・・・。

※追記:画像をご覧のとおり「なくしそう」なモノなのです。当然のように、一週間経たないうちに自宅にて紛失しました。おそらく誤って捨てました。

 ↓amazonのリンク

Quietide 耳栓 安眠 防音 女性用 桜色

Quietide 耳栓 安眠 防音 女性用 桜色

 

 

2) ROCKETS エコ耳栓 コード付き(MOLDEX) ※追記

上記の桜色の耳栓を紛失してしまい、新たに東急ハンズで購入しました。

どギツイ色と、コードが付いているおかげで今度はなくさずに済みそうです。

騒音の減り具合も付け心地も桜色より良い気がします。ただ、外出中は動作の度にコードのタッチ音が気になりますので、自宅で起きている時につけるのが良いと思います。

※更に追記:コードのタッチ音が気になるため根本から切りました。タッチ音が無くなり快適です。

つけていて耳の奥が痛くなりました。私にはやっぱり桜色の方が合っていました。

f:id:blue_aoko:20191027185007j:plain

 

amazonにもありました。

 

2.キングジムノイズキャンセリング耳栓 

 

f:id:blue_aoko:20191022115258j:plain

Sonyウォークマン(ノイキャンあり)をお持ちの方は、代用できるのわざわざ購入しなくても大丈夫かなと思います。

ウォークマンのノイキャンをオンにして、ボリュームを0にすればノイキャンの機能だけを生かすことができます。私はこのことに買ってから気が付きました・・・。

 

ウォークマンのノイキャンに比べて、アナウンスがクリアに聴こえるような気がします。自宅内などが静かな場合はノイキャン特有のサッーという音や、コードのタッチ音が気になります。電池も食うので普通の耳栓をしていた方がいいと思います。 ↓amazonのリンク 

キングジム デジタル耳せん MM1000

キングジム デジタル耳せん MM1000

 

 

3.Sonyウォークマン

ウォークマンと専用イヤホンで『ノイズキャンセリング』機能を活用できます。電車内で音楽を聴く時などはノイキャン機能を『オン』にして使うと、だいぶ世界が変わります。

1,000円とか安く売っているイヤホンではノイキャンを使えないので、イヤホンが故障した際には4,000円程度するノイキャン用イヤホンを買う必要があります。

私のウォークマンはもう5年以上使っているものです。

 

[注意]音が聴こえなさ過ぎても周囲の人や車の存在、何かの異変に気付くことができなくなり、危険です。特に徒歩で移動中しているときは自分の身を守るためにも、周囲の音に気付けるどうか確認した上で耳栓やノイキャンを活用すると良いと思います。上記に挙げた耳栓は、私の使用感としては音がなくなることはないです。

 

YouTube: aoko's voice

YouTube解説ではPCメガネや間接照明についても紹介しました。ご参考まで。


目と耳が敏感な人の対策◎この世界の『敏感』な人たち

 

鼻をかんだティッシュをゴミ箱に捨てられない◎部屋を片付けましたPart3

 

部屋を片付けてから数日はキープできるのですが、その後はやはりというか・・・どうしても部屋が散らかります。

なぜゴミをゴミ箱へ捨てられないのか、私の頭の中(思考)をお見せします。

目次:

f:id:blue_aoko:20191017114102p:plain

 

ゴミをゴミ箱に捨てられない

もう認めるしかないのでこの事実を受け入れます。

私は、『ゴミをゴミ箱に捨てられない』のです。

 

どうしてゴミを捨てられないのか、今までよりもよく見えてきたことがあるので詳しく書いていきます。 

 

たとえばブログを書いているときに鼻をかんだとします。

本来であれば、①鼻をかんで②ゴミ箱に捨ててから③ブログ執筆に戻る、ことをすれば良いのですが、ブログのことで頭がいっぱいになるため『①をしてから②をして③に戻る』というような切り替えを上手に行えないのです。 

ブログのことを考えているとき頭の中はそれだけです。このとき鼻をかんだティッシュの存在はどうでもいい些末なことになるので床に置いて意識の外へ追いやってしまいます。そして最短でブログ執筆の世界に戻ります。

無理矢理に鼻をかんだティッシュに注意を向け、ゴミ箱に捨てることは私にはとても難しいです。例え1度は行えたとしても多大なストレスになります。

それからブログ執筆を終えても、やはり意識をゴミへ向け、実際にゴミを捨てることはできません。

 

このように使っては放り出すことを繰り返し、あっという間に部屋にゴミや物が散らかっていき、生活の質を落とすレベルに至ってしまうのです。

  

例としてブログ執筆中のことを書きましたが、これに限ったことではありません。心配ごとや悩みごとで頭がいっぱいのときや、Youtube、漫画といった面白いことに気を取られているとき、気になる事柄をネット検索している時なども同じ状態になります。

私の頭は、目の前の(私にとって)重要な1つのことしか考えられないし処理できないのです。

 

脱いだら脱ぎっぱなし

発達障害者に限らず誰でも1度は考えるであろう「1回しか着ていない服をどうするか」問題です。

私の場合は、次に着るのか、それまでどこに置くか、あるいは洗濯するのかを考えることが面倒なため服を床に転がしておきます。

そして、翌日や翌々日の着替えるときなってようやく、今日もう1回着ようかな、洗おうかな、一旦しまおうかなと考えるのです。

 

脱いだら脱ぎっぱなしでシワになるのが嫌なのときは、広げて他の服の上へフワッと乗せたりします。まれにハンガーにかけることもあります。

 

『1回しか着ていない服』をどうするかルールを決めたいのですが、良い案が浮かびません。しばらくは課題になりそうです。

 

今の部屋の状態

鼻をかんだティッシュ、洋服だけではありません。お菓子の空いた袋なども転がっています。

厄介なのは柿の種(わさび味)です。ピーナッツに興味がないので開封済みの袋にはピーナッツだけが残っています×6袋、床に置いています・・・。

それからメモ帳やタブレット、バッグ、当然ですがゴミ箱は溢れています。

 

先日、強いストレスに耐えがたくなりタオルと服をはさみで切りました。ボロボロになったタオルと服が糸くずをまき散らしています。(怖い・・・)

 

今週中にはまとめて掃除を始めると思います。

 

ーーーー

 

自分の容量の悪さというか、キャパの少なさにうんざりします。散らかした部屋が好きなわけではありません。

完璧でなくて良いのでもう少し部屋の中が整った状態(=床に物がない状態)を維持しながら生活したいです。負担の少ないマイルールを作れないか、考え中ですが今のところは思いつきません。

 

ちなみに『マイルール』というのも肝です。

おそらく発達障害の特性なのですが、私は『Aの場合はBする』という明確なルールが必要な人です。明確なルールがないことがストレス、なければ動けない、というのも脱いだ服が散らかる要因かなと思います。

 

後日マイルールを思いついたり参考になる本があれば、このブログでシェアしたいと思います。私と同じような人がご覧になるかもしれませんので。

 

部屋を片付けましたシリーズPart1,2のリンクを貼ります。1,2を書いたときは、きれいな部屋をキープできると思っていましたし、ここまで散乱するとは予想していませんでした。が、今思えばそんな簡単に克服できませんよね。散らかって当然です。

www.blue-aoko.com

www.blue-aoko.com