aoko's blog

社会人の困りごとや解決方法をシェアするブログ

「クリスマス」に振りまわれさない◎独身・実家暮らし・無職の30代お姉さん

 

クリスマスもイブもおひとりさまなので苦し紛れに何か書きます。

独身・実家暮らし・無職のお姉さんです。(20代まではガール、30代以降は最期までお姉さん)

f:id:blue_aoko:20191224223030j:plain

 

クリスマス商戦というように、街に繰り出すとあらゆるところで「買い物」を強いられる気がして疲れます。

そんなビジネス色満載のこのシーズンに、なかなか会えない恋人同士や独り身の私たちのメンタルがすり減らされることにうんざりする思いでいます。

 

かねてから私が残念に思うことは「クリスマスなのに・・・」という考え方。大先輩やお若い世代のことはわかりませんが、私と近しい世代の男女にはクリスマスに1人というのが嫌だと思う方がけっこう多いのかなと思います。

そういう人を見かけると、超絶お節介な私は「クリスマスの実態が何かを見失わないでほしい」と思うのです。

 

社会人になりますと必ずしも恋人同士で過ごせるとは限りません。仕事が忙しかったり、遠距離になっていたり・・・事情はさまざま。

 

特に日本におけるクリスマスというのは、私も含めて多くの人にとって信仰とは関係がなくて「企業が儲けたいシーズン」「企業ががんばるシーズン」です。

企業努力の結果、盛り上がっているのであって、その実態は販売促進以外の何ものでもないと私は思っています。

 

クリスマスに盛り上がるよりも普段の生活で愛を育みたいと思うのは私のメルヘンな妄想に過ぎないでしょうか??

クリスマスという実態のないものに(というか実態は企業の戦略)振り回されて、悲しむことはないと思います。

そう考えることで、独身・実家暮らし・無職のクリスマスであっても気丈に振る舞います。

 

冬も脇だけ大量に汗をかく人の対策◎ワキ汗ガール&お姉さんへ

 

夏場に「ワキ汗ガール」の悩みと対策について記事を書きました。その冬バージョンです。 全国のワキ汗ガール&お姉さんへ、私も悩んでいます。

目次:

冬は〇〇の消費量が増える

 

冬はワキ汗パットの消費量が増えませんか?

 

夏はノースリーブなどの脇周りが密着しない服を着ることで、汗をかいてもうまく誤魔化せました。

汗パットの消費量はぐんと減りました。

もちろんグレーなどは汗が浸透して目立つ恐れがあるので着ませんし、カーディガンは必ず脇周りがゆったりしたものを選んでいます。

男性の場合はノースリーブはやや特別なファッションという印象なので着にくいだろうなぁと思います。このときだけは女性で良かったと思う一瞬です。

 

さて、冬はどうでしょうか。

 

寒がりの超末端冷え症なのに、どういうわけか脇だけは汗びっしょりなのです。

 

冬場は長袖のトップスの下にヒートテック等の肌着を着ますから、どうしたって汗が布に染みついてしまいます。

汗が染みついた布から異臭が放たれますから、毎日毎日、ワキ汗パットをつけて外出しなければなりません。

 

ワキ汗パッドの悩み

大きくは、2つの悩みがありませんか?

・ズレる、はがれる

・シャカシャカとこすれる音がする

 

静かなところで勢いよく手を挙げるとか、ちょっと大胆な動作はできません。

 

今のところ悩みを100%解決する汗パットには出会えていませんが、今の時点で一番良いなと思う汗パットをシェアします。

商品名は「汗とりパット」といいます。 一番気に入っています。

 

f:id:blue_aoko:20191220093054j:plain

 

コットンラボ 汗とりパット 銀イオン ベージュ 40枚入
 

 

低い口コミも散見されますが、私はこれが一番気に入っています。

わりと粘着性が高めなのでヒートテックにノリが残ることもありますが、個人的には甘んじて受け入れられるレベルです。

なるべくズレたり剥がれたりしない方が優先度が高いです。

 

ちなみに私は、そで側とからだ側をにして貼り付けています。この方がはがれにくい気がします。最近気付きました。

 

このほかに、今まで試したものはこちらです。上から順にまぁまぁ良かったものです。

・汗ワキパットRiff(感想:値段と付け心地がマッチしない)

・DSのPB製品らしきもの(感想:ちょっとノリが残り過ぎな商品があった気が)

アイリスオーヤマの汗パット(感想:期待が高かっただけに残念だった)

 

それから、匂い対策のホワイトストーンは通年レギュラーです。

  

冬の服

これからはニット+カーディガンが多くなると思います。

ニットはゆったりしたものも好きですが、けっこうタイトなニットも好きなのです。

タイトなものを着るときは、両脇とも汗パットが必須です。

 

人によっては片側だけ多く汗をかくことがあるので、その場合は気になる方だけにパットをつけても良いと思います。

 

余談ですが、夏場にノースリーブを着るために今から永久脱毛へ行ってみるとよろしいのではないかと思います。毎日の処理が楽になって気軽にノースリーブを着られるようになります。個人的には心理的負担がかなり軽減されました。

関連記事

www.blue-aoko.com

↓↓気分が乗りましたらクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ

仕事のミス・漏れ・忘れ・遅延を減らす◎事務職として働くための地味な工夫

 

仕事上のミス・漏れ・忘れ・遅延を減らすべく、私が行ってきた数々の工夫の中で良かったと思うものを紹介します。

目次:

書類のミス、漏れを減らす

書類を作成したら、必ずダブルチェックをします。二重に確認することを会社ではダブルチェックと言われたりします。

 

ダブルチェックというのは基本的に二人体制がベストですが、そうもいかない場合も多々あります。

ここでは 作成者自身でダブルチェックを行う方法を紹介します。

 

使う物は、

・透明な30cm定規

・シャーペン(鉛筆など消せる書き物)

 

透明な30cm定規は、例えば下記画像のようなものです。参考までのリンクを貼ります。  

 

ステッドラー 定規 溝付 線引き 30cm 962 02-30
 

  

つたない図解をお送りします。

◆細かい内容の確認は、紙ベースの方が良いです。

f:id:blue_aoko:20191216220450p:plain

 

◆定規をあてて、確認したらシャーペンで✓を書きます。

f:id:blue_aoko:20191216220641p:plain

 

◆定規を下段に移動させます。確認したら✓を書きます。

f:id:blue_aoko:20191216220733p:plain

 

◆全て確認が終わったら、消しゴムで✓を消して書類は完成です。誤りがあれば、修正して再印刷します。

最後に、修正箇所が正しく反映されていることを確認します。

 

以上のダブルチェックの一手間をかけることで、だいぶミスや漏れを減らせます。

このひと手間をかける方が、後から修正・再提出よりも圧倒的に時間も手間もかかりません。

 

作成者自身が二重の確認を行った上、会社として重要な書類であれば上司や先輩が更に確認すると良いと思います。 

中小企業の「その場しのぎ」な仕事で多いのが、適切な業務フローが定まっていないために、ダブルチェックの工程が設けられていないことです。

(担当者の力量に任せると言うと聞こえは良いのですが、それで本当に良いのか疑問に思います。)

 

提出忘れを減らす

指示された仕事を忘れずに行うするための方法を紹介します。

 

仕事の予定を書き込むものを1つに決めます。

「卓上カレンダー」か「スケジュールノート」のいずれかで、私は、スケジュールノートが一番良いと思っています。

 

下記は市販の手帳です。

ポイントは、締切日だけでなく、進捗確認日や作業日などの業務を進める予定まで書きこむのです。

締切日当日に思い出したところで仕事は終わらない可能性があります。

f:id:blue_aoko:20190622215358j:plain

 

予定やメモの書き方について、記事後半に関連記事のリンクを貼りますので、よろければそちらもご覧ください。

 

Googleカレンダーは便利ですが、会社のアカウントであらゆる抜け漏れ対策の書き込みをすると忘れっぽいことが大バレになるし、かといってプライベートアカウントにログインはしたくありません。

日常生活ではGoogleカレンダーにお世話になっていますが、仕事で活用することは難しかったです。私の場合。

 

仕事の遅延を減らす

遅延を減らすことの基本として、優先順位を明らかにします。

 

第1位:期限

第2位:完成度

 

大切なのは完成度ではなく、期限です。

 

期限の定義について補足します。

提出したら、まず間違いなく上司の指摘を受けることでしょう。指摘を受けた箇所を修正し、上司のOKが出るところまでを期限内に完了するのです。

 

期限日に提出→修正→期限後に再提出、というのはNGです。

 

完成度についても説明します。

資料の本筋に関係のない装飾には時間をかけません。

 

例えば、

・使うフォントは1つに統一する。(メイリオやゴシック)

 ちなみに、長い文章を読んでもらう時は明朝体とかが良いそうです。 

・フォントサイズは題目と本文で変えるのみ、なので2種類まで。

・資料内で使う色は多くて3色まで。

というルールで作ってみてください。 

 

どんなに自分では良い具合に仕上がっていると思っても、上司の目からすると気になるところがあって指摘は受けるものです。

それに、そんなパーフェクトな社員だなんて、ご自身でも思っていませんよね? 自他ともに認める優秀な社員だったら、ここをご覧にならないはずなので。

であれば、今できる範囲で期限内にさっくりと仕上げる方が良いです。

 

例えば、12月6日に資料作りの指示を受けたとして、以下のスケジュールが考えられます。

指示を受けた日:12月6日(金)午前

提出期限:12月11日(水)

 

提出日までの流れはこうです。

 

12月6日(金)~12月9日(月) 作業期間

12月10日(火)午前 1回目の提出

12月11日(水)午後 再提出(=提出期限)

 

可能であれば、相談日を設ける

もし、相談しやすい環境であれば、相談日を設けるのもアリだと思います。

たとえば、12月6日(金)午前に指示を受けた場合、その日の夕方に1度相談します。

資料作成の方向性が間違っていないかを相談するのです。箇条書きの質素なドラフト(下書き)でOKです。

 

「すみません。指示いただいた資料作成について相談があるのですがよしいでしょうか?」という感じで話しかけます。 

「どんな内容を盛り込んだら良いかわからない部分も多くて、一度、箇条書きの内容を見ていただきたいのですが・・・」という具合に用件を伝えると良いと思います。

関連記事ースケジュールノートの使い方

www.blue-aoko.com

 ↓↓気分が乗りましたらクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

 

「なぜ人の気持ちがわからない?」「あんたは冷たい」にちょっと言い返したい/発達障害(ASD)

 

『なんでそんなに冷たいの?』

自閉症スペクトラム障害(ASD)の当事者の方、過去に言われたことがありませんか。あるいは周囲にASDの人がいる方、そのように思っているのではありませんか。

 

ネットでは「ASDは、人の気持ちがわからない」「冷たいことを言う」という情報が拡散されています。

そのような有象無象の情報は、当人や周囲の人が感じる印象を偏って補強するという面があると思います。それを間違いとは言いませんが、表層的過ぎて正しいとも思えないというのが当事者としての感想です。

有象無象の情報によって人の気持ちがわからないという強い印象が先行して、それがASDなのだ ⇒ つまりASDのあなたは人の気持ちがわからない、と早合点されてしまうことに違和感があります。

言われっぱなしの当事者として、私の事例を書くことで何か1つ言い返したいと思っています。

f:id:blue_aoko:20191207205944j:plain 

あくまで私の事例ですので人によりけりです。

【人によりけり】というのがポイントですね。他者を自分のわかる範囲でカテゴライズするのはもろ刃の剣だと思います。

 

さて、私が「冷たい」と言われるケースはだいたい決まっています。

例えば、

・仕方ないから諦めなよ

・それが現実でしょ

・気持ちはわからんでもないけどそれは手がかかり過ぎるから端折った方が良い

・事実でしょ

といったように「あなたの気持ちはさて置き」という感じのことをサラッと言ってしまう時です。

 

そして「青子は人の気持ちがわからないの?」「なんでそんな冷たいこと言うの?」となってしまうのです。

 

でも私は相手の気持ちを理解できなくて、このような発言をしているわけではないのです。これについて何から話したら良いかわからないのですが・・・少し、私が子どもの頃の話をします。

 

3~4歳の記憶ですが、1人で遊んでいることが好きでした。

ASDの子に多いそうですが、アリを追っかけ、見ているのが好きだったのです。

人と何かを分かち合うということを求めたことをはありません。これは検査を受ける中で気付きました。私は他者を求めていませんでした。

 

幼稚園に入ってからもそうして1人で遊んでいました。

細かいことは覚えていませんが、そんな「マイワールド」はすぐに許されなくなります。

親から「友達と遊んできなさい」と怒られるようになったのです。なぜ怒られるのか、わかりませんでした。けれど怒られるのは辛いです。

そして私のやっていることは間違っているのだと思いました。

私は1人遊びを諦めました。

 

そこから、およそ30年以上に渡る「とにかく周囲の人にくっついていく」「周囲の人を真似する」という人生が始まります。

次第に、周囲の人の真似をして、溶け込んでいくことが生きて行く上で必要だということをわかっていったと思います。

1つの生きる術として、私は人生を賭けて所属するコミュニティに溶け込むことに努めました。会社に勤めるようになってからは社内で生き抜く術としても、そのような力が必要でした。伊達に子どものから周囲に溶け込むことを「人生のテーマ」にしてきたわけではないのです。最初の会社ではボロボロでしたが、2社目に入る頃には普通のOLになっていました。

 

仕方がなかったのです。この世界で生きて行くために私は私の気持ちの全てを諦め、捨てる形で折り合いをつけてきたのです。きっと私は冷めてる、冷たいのではなく、折り合いをつけるのが得意なだけです。

 

ここまで書くとなんとなく想像がつくかと思いますが、折り合いをつけたり諦めたりすることが当たり前になっているから、つい自分の基準で「仕方ないよ」「それが現実だもん」という言葉が出てきてしまいます。

諦めを強要するつもりはないし、このような言葉をかけることが適切でないことも確かにあるでしょう。しかし、それがすなわち「人の気持ちがわからない」ものだと決めつけて、本当に良いのでしょうか。

 

生まれつき人の気持ちを理解しくいという部分があることを否定はしませんが、それをカバーするために何の努力もしていないと思いますか?

周囲の人に溶け込む、周囲の人を真似する人生の中で、私がどれだけ他人を理解することに心を砕いて必死に取り組んできたか、想像できますか?

もちろん完璧ではないでしょうけれど、「人の気持ちがわからない」「冷たい」などといとも簡単に言われてしまうのは残念です。

 

もしも自分が同じ立場に立ったとき、個人の存在を無視して「人の気持ちがわからない人」という大きなレッテル貼りをされることに何の悔しさもわかないのでしょうか?

 

ASDは「人の気持ちがわからない」「冷たい」】というどこかで拾ってきたような一面的な情報をいかにもらしく拡散して、悩んでいる人を餌食にする不届き者は大勢います。そのような【発達障害で一儲け】しているような人たちにとって私の反論なんてコバエの羽音にもならないでしょうけれどね。

 

親だけでなく教員も友人も・・・この定型発達基準の社会が、私に折り合いをつけることを強要してきました。それと同じようなことを、自分がしないようによくよく肝に銘じてこれからも暮らしていきたいと思います。

 

↓↓気分が乗りましたらクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

スプレッドシートを活用してお小遣い帳を作る◎フォーマット画像とSUMIF関数も解説

 

Google先生スプレッドシートを使ったお小遣い帳の作り方を紹介します。

ー 毎月の支出を把握することが目的になります。

ー スプレッドシートで支出の記録集計をします。

ー 全体管理はPCで、日々の記録はスマホで行います。

ー プルダウンリストや関数を入れるので、エクセル中級者向けになります。

 

SUMIF関数を学べるように後半に解説を載せています。SUMIF関数を知りたい方は、解説を中心に見ていただくのもアリです。 

目次:

 

スプレッドシートを使うようになった経緯

ガラケー時代には手書きで家計簿をつけたり、スマホになってからは家計簿アプリを使っていたこともありました。

私が変わり者なのかもしれませんが、家計簿アプリは一番不満が多かったです。いろいろ使いましたが、鬱陶しいことや使いにくいと感じることが多くてストレスでした。

 

やり易いランキング

1位:スプレッドシート

2位:手書きの家計簿

3位:アプリ

 

今のところ、Googleスプレッドシートで出入金管理をするのが一番楽です。

これからご紹介するフォーマットにおいてはクレカと現金の利用に区別をつけていません。私自身が分割払いやリボ払いを敬遠して、一切使っていないからです。

ほぼ支出を把握するだけのフォーマットです。

 

フォーマットの紹介 (2020.2 更新済み)

※2020.2にフォーマットを更新しました。 

[ポイント] 

日々の手入力は金額のみ。管理項目名はプルダウンリストにします。

1ヵ月単位で支出を把握するのに日付は不要です。日付は記入しません。

なるべく手間を減らすことが継続に必要不可欠なのだと思います。

 

基本フォーマットは、1つのファイルに2種類のシートを作ります。

シート1:毎月の出入金記録の台帳、集計 

シート2:項目リスト

 

では、サンプルの画像を表示しながら、それぞれのシートを解説します。

 

[シート1]毎月の出入金記録の台帳、集計

f:id:blue_aoko:20200224170915p:plain

 

(拡大)

f:id:blue_aoko:20200224171233p:plain

 

出入金の記録エリアについて列ごとに解説します。

「出」:支出金額を入力します。

「項目」:エクセルの機能名で言うところのプルダウンリストを設定します。シート2の項目リストを参照します。

「備考」:メモ書きスペースです。

「入」:給与等の入ったお金を入力します。

「残」:1行目だけ、繰り越し金額を手入力します。2行目は「繰り越し金額ー出た金額+入った金額」という計算式を入れます。

 

▼参考までに「残」に入っている計算式です。

f:id:blue_aoko:20200224172320p:plain

 

[シート2]項目リスト

f:id:blue_aoko:20200224171057p:plain

 

このシートで支出管理の項目を定めます。

シート1のプルダウンリストはここを参照して作成します。(プルダウンリストの作成方法は検索したら出てきます。)

 

更新ルール 

1ヵ月単位で管理すると良いと思います。

月が変わったら、既存の出入金記録のシートを「シートのコピー」で複製します。前月の内容を削除して、新たに入力していく形にすればやり易いです。

 

f:id:blue_aoko:20200224184918p:plain

 

プラスα

集計欄のとなりにグラフを挿入すると見やすくなります。

あっても無くても良いのですが、雰囲気が良いので入れています。 

 

f:id:blue_aoko:20200316213529p:plain

 

集計で使うSUMIF関数の解説

関数を使うと便利なことが多いです。

メジャーなSUM関数は単純に合計を算出する関数です。

 

SUMIF関数はパワーアップ版で、条件を指定して合計を算出することができる関数です。

 

実際の関数のキャプチャ画像です。

f:id:blue_aoko:20200224175039p:plain

f:id:blue_aoko:20200224174923p:plain

 

SUMIF関数がやることは、①検索範囲を定めて、②条件を指定し、③数値を合計します。

 

 f:id:blue_aoko:20200224175039p:plain 

カッコ内の記述は以下のとおり、検索範囲、条件の指定、合計範囲です。

 

=SUMIF(検索する列,条件の指定,合計する列)

 

いろいろ交錯していますがまずは参考画像です。

f:id:blue_aoko:20200316212937p:plain

 

次に、上の事例をベースに、この関数が指示する内容を日本語に直します。(私なりの理解のための工夫です)

 

[SUMIF]検索する列の中で条件指定に該当する行を特定せよ。その後、合計する列の数値を合計せよ。

[検索する列]シート名20.2の列B2~B63を検索する

[条件の指定]G3(通信費)を条件とし、検索列内で該当する行を特定する

[合計する列]シート名20.2の列A2~A63のなかで、該当行の数値を合計する 

 

補足:範囲固定

ところで、SUMIF関数キャプチャ画像には、「$」マークが入っていることにお気づきでしょうか。

これはセル指定を固定するための記号です。固定すれば、コピペした時にずれません。

尚、条件の指定は固定しません。コピペした時に、下段へずれて欲しいからです。

 

ご質問等はお問い合わせよりお願いいたします。

ブログのコメント欄は公開していません。お手数ですが、ご返事が必要な場合はご連絡先をご記載いただき、コメントを投稿してください。

 

関連記事:VLOOKUP関数

www.blue-aoko.com

 

30代実家暮らし、元事務職のお小遣い帳(2019年11月)◎今月の洋服代・美容費など

 

30代女性・実家暮らしの毎月の支出を公開しています。11月分をアップします。

 

「人のふり見て我がふり直せ」と言いますから、そんな意味でのご参考になればいいなと思います。というのは建前でして、本音はこうです。

貯金できない&赤字の現実を直視したくなくて支出管理をやめてしまいそうなため、「毎月記事にする」ことをルール化することで確実に記録を取り、適切に支出を管理できるようになりたいからです。

目次:

11月の集計結果

集計結果の画像を貼りつけます。

f:id:blue_aoko:20191201103443p:plain

※収入の目安:事務職の手取りは約17万円前後と考えています。

 

項目別の振り返り(言い訳)

出費の内訳について、項目別に振り返ります。(ちょっと言い訳もします。)

◆通信費:約8,500円

格安スマホではありません。パケットは20GBです。

 

◆家賃:約55,000円

実家暮らしですので家へ納める金額です。NHKの受信料も含まれます。

 

◆食費:0円

食材は家族が買いましたのでは私は支払っていません。ラッキー

 

◆服飾:約8,200円

無印でパンツを1着買いました。私のパンツは全て無印のため、妹に「強いこだわり」と指摘されました。ギクリ。発達障害あるあるだと思います。

ほか、レッグウォーマーやヒートテックレギンス等、冬支度をしました。

 

◆美容費:約5,400円

マスカラや化粧水等、使い切ってしまったので買いました。

  

◆交際・外食:3,500円

私の仲間(ASD)と思われる人とお茶したりランチしたりするようになりました。

ただ、会社へ行けなくなってから、それまで親しくしていた友人と会えていません。

発達障害と言われたことを隠すのか、伝えるのか、どうしたらいいのかわからなくて会うことを先延ばししています・・・。)

,

◆医薬品:約18,000円

私と家族の通院・薬代です。

 

◆お小遣い:約35,000円

贅沢、実家暮らし最高!

 

大きなウェイトを占めているのは、高額な順に習い事、猫活、座椅子、この3つです。

細々と近所の猫のお世話をお手伝い中。猫のお世話とamazonギフトを使ってボランティアさんへの猫用品の提供です。

腰が痛くて座椅子を買いました。 

 

◆イレギュラー:約5,500円

念のためですが、災害用のトイレを買いました。

 

◆慶弔見舞い:約13,000円

贈り物やらなんやら。

 

まとめ

「事務職のお小遣い帳」というタイトルをつけることを諦めました。過去の記事に書いたように、私はもう会社を辞めてしまって今は無職だからです。

 

世間はクリスマス色に染まっていますが、私には関係ありません。物やサービスを売りたい人たちに踊らされて「クリスマスだから」とか「クリスマスなのに」なんて考えるのは私の感覚には合わないです。マジで鬱陶しいです。

でも、うまいこと乗せられる可能性はなくもないので、このようにめちゃくちゃ警戒しているのです。

 

教育を受けていない人にありがちな「ただなんとなく」を辞める◎高卒社会人が囲碁と出会って

 

貧困、毒親育ち、高卒。まるで万引き家族のような私たちの生活には良くも悪くも「ただなんとなく」が多い・・・。

 

本記事の本命として、記事の終わりにnoteで作っている「囲碁入門ー初めてでもわかる入門の入門ー」を紹介します。

目次:

f:id:blue_aoko:20191130115946j:plain

私は貧困家庭に育つ子どもでした

 

親も「ただなんとなく」生きてきて、私たち子ども自然の流れで「ただなんとなく」生きて行きます。貧困の連鎖というやつです。

私たちの人生の選択は「ただなんとなく」が大半を占めています。

 

そんな貧困・毒親育ち・高卒の私が、囲碁に出会って感じることについて書きます。

 

貧困家庭に育つ子どもに、放課後、囲碁教室を提供したとしたら、子どもたちの人生は変わっていくだろうかなどと妄想したりします。

 

「ただなんとなく」で生きてきて、考える力の基礎すら持たない状態で社会に出るととても困ります。

もしくは、周囲を困らせたり大変な迷惑をかけたりする輩になりかねないです。

気付いた時にはもう遅い、という感じです。

 

もしも子どものうちに囲碁を習っていたら・・・私の人生の困難はもう少し減っていただろうか、なんて考えてしまうのです。

 

消費する娯楽しか持たない「ただなんとなく」の人たち

 

買い物する、デートする、巨大ショッピングモールで映画観る、課金ゲームする。

これらは、「ただなんとなく」の人たちが支持する娯楽です。

困ることに、このような消費し続ける娯楽のみしか持たないのです。

 

子どものうちから大人になるまで、勉強することもないし、何か深く考えることもないし、一向に考える力を身に着ける機会がやって来ないのです。 

 

私たちのような子どもが大人になると、どんな困ったことになると思いますか。

 

「ただなんとなく」の人たちは、社会に出て困難を抱えたときに、その困難を解決しようと模索することさえも放棄してしまうことが珍しくありません。

 

やがて年を重ねていい大人になりますと、新しい考え方や価値観を受け付けられなくなるため、ますます厄介です。

解決策を探さないどころか、周囲の善意の助けも拒むようになってしまうのです。

助けたくても助けようがない・・・もう本当に目も当てられないです。

 

碁を打つことは、物事を考える基礎作りの大きな助けになると私は感じています。

 

実のところ、囲碁でなくても良いのですが、私がたまたま囲碁が習っていて「これはいいな」と思うので囲碁をおすすめしています。 

 

囲碁というのは

囲碁というのはシンプルなゲームです。

黒→白→黒→白と交互に石を置き、陣地の獲得争いをします。交互に石を置くだけです。

 

自分の陣地を広げるのか、自分の陣地を強固にするのか。はたまた、相手の陣地を奪うのか、まずは相手にプレッシャーをかけるだけなのか、喧嘩をふっかけるか、あるいは一旦様子を見るのか・・・。

 

「石を置くだけ」なのですが「どういう意図で石を置くのか」ということを自由に考えて決断します。ここが難しいところでもあり、同時に代えがたい楽しみでもあるのです。

 

「ただなんとなく」がない 

もう私の言いたいことをおわかりですね。

そうです。囲碁には《ただなんとなく》がないのです。

もちろん、積み重ねた経験から「カン」が身に着くと、それは「なんとなく」に近い感覚なのでしょうけれど、私たちの何も知らない何も考えない《ただなんとなく》とはあまりにも質が違います。

 

囲碁のめくるめく思考の世界について、noteの記事より一部紹介します。

 

☆優先順位を考える(攻めるのか、守るのか、様子を見るのか等)

☆どこを自分の陣地にしていくか、盤上の空間を捉える

☆最善の手を探し、決断する

 

囲碁は考える力を養う助けになると感じます。

 

子どもの頃、私は「ヒカルの碁」という漫画が好きでした。

だいぶ大人になってから、ヒカルの碁の感動を追うように私は囲碁を始めました。

ただ今、入門中です。

 

 

noteの紹介

noteでかんたんな入門マガジンを作っています。

囲碁門中の生徒による初心者のための連載記事です。

囲碁って何しているの?どういう勝ち負けなわけ?」という基本の部分から入ります。

note.com

関連記事ー貧困家庭の話

貧困家庭に生きる人たちがどんなふうに暮らしているか、という記事も書いています。その中から2つの記事を紹介します。

他にもご興味ありましたら、「発達障害の当事者と家族」というカテゴリを付けていますので記事カテゴリよりご覧ください。

www.blue-aoko.com

  

www.blue-aoko.com