aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル、諸々の生きる術など)

ホステスの仕事はコミュ力を鍛え、社会勉強になるのか*水商売の話[8]

 

元スナック勤務が個人の感想を書きます。

 

スナック・キャバクラ等の接待を伴う客商売の金銭以外のメリットとして

◆コミュニケーション力を鍛えることができる

◆社会勉強になり、視野も広がる

といったことがネットメディアなどで取り上げられています。

まるで超万能薬の効能か何かのようですが、実際にそのような効果があるのか。はたまた万能の代償に大きな副作用でもあるのでしょうか。

目次:

f:id:blue_aoko:20200102202252j:plain

 

コミュニケーション力の向上について

結論を言うとハリボテではありますが、コミュニケーション力はアップした、あるいはアップしたかのように見えるかなと思います。

誤解のないように私の背景も説明させてください。

 

幼い頃から1人で遊ぶことを好み、人との会話が苦手という真性のコミュ障といえる人間です。副業で働いていた当時はわからなかったのですが、後になって私は発達障害であることが判明しました。当時はやむを得ない事情がありましたので、相当”がんばって”働いていました。

その成果といいますか、試行錯誤の甲斐があってハリボテのコミュ力を習得したわけです。 

(1)柔軟な対応

リアクションや会話のパターンが増えたことにより、柔軟な応答ができるようになりました。男性客や女性スタッフ同士、ママといった人間関係の中で「軽めの、何気ない会話のやり取り」の見本がたくさんあったのです。

世間話や噂話のやり取りに応用できるところがありましたので、昼間の会社員生活でも役に立ちました。 パターンを増やすことでコミュニケーション力の抜けを補い、心理的負担も軽減されことも良かったと思います。

ただ、うまくいったのは、お店の関係者に優しい人が多かったことが大きなポイントです。昔から私はツッコミ所満載の振る舞いが多くて、お店でも少し抜けたところのある人という扱いになっていたのがラッキーだったと思います。

 

(2)適度な対応

ママ、先輩、お客さんとの上下関係の中で”適度な”対応を取れるようになりました。

たとえば、話を受け流したり、断ったり、過剰にイエスマンにならない振る舞い方です。

発達障害の傾向として自分の意思を持ってコミュニケーションを取ることがあまり上手にできなくて、最初のうちはずいぶんとすり減りました。

仕事の中で先輩や同僚、お客さん同士の関係性など周囲の振る舞い方を観察して真似していくうちに、次第に話を聞き流したり、断ったりすることができるようになったのです。これは非常に大事なことだと思います。

 

(3)副作用的な面 

ある程度のコミュニケーションサンプルを習得するまでが地獄でした。半年くらいの間は泣きながら家路につくこともしょっちゅうで、胃痛でご飯が食べられなくなり、みるみるうちに体重が落ちて服が合わなくなりました。

追い詰められてボロボロになったので、そこまでしてやる必要あるかどうか疑問ですね。

 

コミュニケーション力と呼ぶ範囲

個人的に疑問なのは、男性客への接客スキルを「コミュニケーション力」と呼ぶことが本当に適切なのだろうか、という点です。 

男性はお金を払う客であり、女性は男性のお金でお酒を飲み、サービスを提供します。間違いなく「女性性」で商売しています。 

このように限られた特殊なシチュエーションでのみで求められる振る舞いですから、コミュニケーションというより異性相手の接客の能力と言った方が良いように思います。

だって昼間の社会生活で、そのような振る舞いは求められません。

 

今のところ、昼と夜の世界は完全に分断されていて、基本的に夜の常識は夜にしか通用しないものだと思っています。

 

社会勉強になる、という噂について

何をもって社会勉強というか、ということから確認したいです。

スナック等の接客は良い社会勉強になるという話の具体的な中身は、大きなビジネスの話を間近に聞けるとか、経済的に余裕のある男性の振る舞いを知ることができる、とか、そういう大人の社会科見学的な意味合いのようです。

これについて、個人的には水商売でなければならない理由はないと思っています。

それって要は池井戸さんの小説でも読めばいいんじゃない?と思いますね。

 

個人的に勉強になったと思うこと

そうは言っても勉強になったことはあります。

多くの男性には女性蔑視が骨の髄まで浸みわたっている、ということを実体験したことです。

高級なお店のことは知りませんが、日本社会に存在する多くのお店はどこも同じような感じだと思いますので、そういう話をします。

 

働いていたお店の客層は、中小企業の社長、中堅大手の役員、一般社員という感じでスーツ着用サラリーマンで、なんとなく日本の経済を支えてるぜ的な自負がある風の人が多かった印象です。

接客して学んだのは、

・男尊女卑を肌で感じる場だということです。

・職業に貴賤なしというのは嘘だということです。

・神経質に言うと、人の尊厳を踏みにじられることに耐える職業だと言えます。

 という、なんとも面白くないことばかりです。

 

社会的に克服できないこと・・・

男性は女の子とお酒をお飲みたい、女の子はお給料が欲しい、両者のニーズがマッチしている対等な商売であれば良いのですが・・・実際はそうではないと思います。

少なくとも、今お店に来られる40代以上の男性陣にはそのような感覚の人はいませんでした。つまり女性スタッフを不当に下に見る傾向が強かったと思います。

 

お店は会員制の古いスナックでした。女の子がお酒を作ってタバコに火をつけてあげて、一緒にお話したりカラオケしたり、わりと健全ではありました。

ママのキャラクターのおかげで普段のお店はわりあい平和なのですが、ときどき酷い客が紛れ込んでくることがあります。

胸やお尻を触られ、卑猥な言葉を投げつけられるのですが、そのような合意のあるお店ではありません。

・飲み屋の女だから体を触っていいのですか?

・飲み屋の女には何を言っても許されるのですか?

・飲み屋の女は、人格を持つ1人の女性ではないのですか?

 しらふのときに尋ねてみたいものです。

 

しかしながら、これは性の絡むサービスに限ったことではなくて、サービス業全般に言えることかもしれません。これだけ日本の社会は成熟しているはずなのに、個人の消費活動にフォーカスすると道徳を失ってしまう人の多いこと多いこと。

こういう事実に目を向けることができたことは、社会勉強であり視野が広がったとも言えますが、取り立てて水商売のメリットというわけではないでしょう。

 

現在も役に立っていること

やはりスルー&お断りスキルは一生ものかなと思います。

ただ、これに関しては水商売のみでなく、昼間の会社員生活でも磨きをかけたかなと思います。 追い詰められた結果に得たものなので、本当はそこまで追いつめられる状況になる前に違う形でなんとかなる方が良いかなとは思います。

 

それから「軽めの会話」というのは、現在はあまり使いません。使いこなすのにはかなりの心労がかかるし、そういう会話をしなければならないシチュエーションに今の私は耐えられないと思うからです。ストックとして持っておくというのはアリでしょうね。

 

水商売の将来に願うこと

広い意味で飲食業界全般について願うことです。

こういった商売において、男女間もそうだし、サービス提供側と受領側の格差みたいなものが、いつか是正される日が訪れるでしょうか。

時代の変化と共に人間の価値観というのは変わりますよね。

更に社会が成熟した先に、お互いが対等で尊重するべき存在であるということが一般的な考え方になる日が来たとしたら・・・

その頃には、女性の尊厳が守られ、あらゆる差別とかもなくなっていたりするのでしょうか。


↓↓気分が乗りましたらクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ