aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・諸々の生きる術など)

PACKING LIST(パッキングリスト)の書き方とフォーマット◎サンプル画像で確認

 

Packing listとは梱包明細のことです。 記載事項やフォーマットについて、サンプルを用いて解説いたします。

 

 

記載項目

Packing List = 梱包明細は、荷物の大きさやどのカートンに何が入っているか、ケースマーク(荷印)は何か?といった梱包に係る情報を細かく記載します。

よくある形式としては、送り主、荷受人等の情報はインボイスと同じように表記します。その後に続いて下記のような梱包に係る情報を記載していきます。記載項目を列挙した後に画像をつけています。照らし合わせて確認しましょう。

 

▼項目をざっと挙げます。

1. Case No.(Carton No.)

2. Case q'ty(=Carton数。段ボールはCartonと表記します。)

3. Description of goods 内容品

4. Q'ty 数量

5. Net weight 内容品の正味重量

6. Gross weight 梱包後の重量

7. M3 容積

8. パレタイズ後の寸法、重量(パレタイズ梱包をした場合)

9. Case Mark ケースマーク(=荷印)

10. Signature 署名(インボイスの記事を参照)

 

▼項目について画像で確認しましょう。

f:id:blue_aoko:20190609123433p:plain

f:id:blue_aoko:20190729100400p:plain

f:id:blue_aoko:20190729100528p:plain

 

記載項目を詳しく確認

基本的には単純に英単語で貿易専門用語ではないのですが、馴染みの薄い言葉について解説していきます。

 

7.  M3 容積

M3はCBMとも言い、容積の単位です。書類への記載は必須でない場合もありますが私のサンプルには載せています。

計算例:40x40x20 (cm)の貨物のM3は・・・[0.4x0.4x0.2(m) = 0.032 M3]となります。

 

少し話がそれますが、容積重量についてもお手すきの際に確認しておくと良いと思います。実際に計った重量=実重量に対し、貨物の大きさに見合う重量を計算で割り出すもの=容積重量、となります。

クーリエとフォワーダーは違うの?ーサービスの使い分けなどー」で詳しく書いていますので、よろしければこちらもご参考になさってください。

 

8. パレタイズ後の寸法、重量(パレタイズ梱包をした場合)

貨物をカートンのまま=バラで出荷する場合、この情報は不要です。

 

内容品や物量によって、パレットと呼ばれる板にカートンを乗せて、ラップでぐるぐる巻きにして輸送することがあります。貨物の保護のためです。

パレットの荷卸し、移動にはフォークリフトが必要ですので、荷受先で開梱可能かというのはあらかじめ確認が必要です。

 

この情報は、作業をしている倉庫から入手します。パレット毎の計量をできない場合は、バラの状態の貨物の重量+パレットの重さを足します。

ただし、最終的には船積み前に業者側で計量した重量がB/Lに記載されます。

自社と業者が計量した数値が異なる場合は、業者側の計量に準じます。その場合はフォワーダーから訂正を求められます。

 

9. Case Mark ケースマーク(=荷印) 

荷印とも言われ、貨物を区別するためにカートンに表示するマークです。

下記画像のように、ひし形の中に客先の社名を入れるマークをよく見かけます。

f:id:blue_aoko:20190609120042p:plain

 

例えば上記のように、ひし形の中に「kaki」と表示するとします。Packing List上には、このように記載します。

---------------

In dia

  Kaki

C/No.: 1-4/4

Made in Japan

---------------

ひし形を「in dia」と表記します。

書類上にひし形マークを表示しても構いませんが、In dia と入力した方が手間は少ないかなと思います。ケースマークには原産国を入れます。

 

サンプルを見てみる

実際の書類の全体像を見てみましょう。

エクセルでテンプレートを作成しましたので、後半は関数のことにも触れていきます。

 

▼Packing Listのサンプル画像です。

f:id:blue_aoko:20190609123242p:plain

 

一番上の発行社情報とロゴの部分はレターヘッドといって、外国では一般的な形式です。会社のロゴがなければ、文字をセンタリグして入力しておけばいいです。サンプル画像を貼っておきますね。

 

f:id:blue_aoko:20190609130756p:plain

 

 ▼記載項目については前述のとおりです。ここでは単位や合計の部分を確認してみてください。エクセルの関数についても触れました。

f:id:blue_aoko:20190609123509p:plain

(ちなみにSUMIF関数の部分は「 =SUMIF(F24:F32,"",G24:G32)」となっていて、@のない行の数字(=物品毎の合計数)を合計しています。)

 

だいたいこのような内容で作成します。フォワーダーに提出して指摘があれば適宜、修正することもあります。

 

*経験ベースの記事ですのであくまでご参考までとなります。

2019.7.29修正

 

関連記事

インボイスの作り方

www.blue-aoko.com

 

ケースマークの作り方

www.blue-aoko.com