aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・生きる術?など)

金型の費用は製品価値に含まれる!Invoice(インボイス)の記載について

 

金型製作費も輸入申告が必要です。今回は金型を造って製造した成形品の輸入について書きます。

 

輸入申告の価格はその製品の価値を申告します。(下記の記事でも解説しました。)

www.blue-aoko.com

  

成形品の「価値」の構成は、原材料、製造スタッフの雇用費、輸送費、梱包費といった費用に加えて成形品を造るために用意する金型費用も含まれるのです。

今回書いていますのは、製品単価と金型製作費が分かれる場合の輸入申告についてです。

 

輸入時のInvoiceに製品単価のみ記載している場合、金型製作費の申告が漏れることになります。必ず金型製作費を記載する必要があります。

 

考え方としては、仕入金額、輸入申告額そして実際に支払った金額は一致するのが基本です。金型製作費を申告しないと場合、仕入処理と支払いの金額は一致しますが、輸入申告額だけは低くなり、嘘の申告をしていることが一目瞭然です。

(尚、後から値引きしてもらったよ、という場合はDebit Noteによって処理しますので帳簿上の金額に不一致は生じません。)

 

申告漏れに後から気づいて自ら修正申告した場合は納付延滞による加算と、指摘を受けてから修正する場合には更にペナルティもあります。申告漏れは悪意がなくとも脱税の事実に変わりありません。そのことに十分留意して必ず漏れなく申告が必要です。

 

Invoiceの内容品欄のサンプルを見てみましょう。

f:id:blue_aoko:20190612171940p:plain

上記のようにTooling costとしてInvoiceに記載してはどうでしょうか。

注意していただきたいのは数量の欄はブランクにしておくべきということです。赤枠に注意書きがあるように製品合計数が合わなくなってしまうからです。

このケースではPacking Listの合計数量は1,000pcsと記載されます。Invoice上で金型費用について数量「1」と記入すると、Invoiceの合計数量は1,001pcsとなってしまい、Packing List と Invoiceが一致しない状態となるのです。

これは申告のときにフォワーダーさんから指摘を受けてしまいます。あらかじめ書類の合計数量を一致させるようにしましょう。

 

余談ですが、自社用に金型を起こしたオリジナル品ではなく、メーカーの標準品である場合はこのような金型製作費の申告は考えなくて良いと思います。

多くの客先に対して標準品として納入されるものですから、アナタの会社が単独で金型費の負担を強いれらることはないです。ですから「輸入申告しなくちゃ」と思わなくて大丈夫です。おそらく金型のコストも加味して単価設定なされていると思って問題ないと思います。

 

*経験ベースの記事ですのであくまでご参考までとなります。

貿易事務 一覧へ