aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・生きる術?など)

トークが下手、人見知りでもなんとかなるのがスナック*水商売の話[5]

 

夜の仕事に限りませんけども、自分と他人というのは、ついつい比べてしまいがちです。お店にいると周りの女の子がみんな素敵な子に見えてしまいます。

 

例えば・・・

*頭の回転が速く会話のおもしろい子

*気の利く返しができる子

*歌が上手な子

 

自分にないものばかりだと感じるのです。

 

では、私がどんな「女の子」だったかと振り返ってみますね。解説つきです。

 

・よく笑う、楽しそうにしている子 >>>頭の回転が速くないのでおもしろい会話は諦めたから

 

・ときどきは気の利いた返しやノリの良いリアクションをする >>>コミュ障なので人の真似しかできないから

 

・カラオケはお客さんに一緒に歌ってもらう >>>ディーバはお店に一人で十分、歌も諦めたから

 

とまぁ、こんな感じです。

こんなんでも、お店の女の子の雰囲気にはそこそこ溶け込んで働けていました。

 

  f:id:blue_aoko:20190619160222p:plain

 

「雰囲気」だけじゃなく、会話の内容も大事なんじゃないの?という不安の声が聞こえてきそうなのでお答えします。

高級なお店では、新聞を読んで経済のニュースを理解していと会話にならない、という話を見かけますが、スナックでは一切そういうことはなかったです。

 

お客さんはそんな会話を1ミリも期待していません。望んでもいません。

 

ニュースの話題になったときの会話事例をご紹介しますね。

 

私「すごいニュースになってますよね~」

 

お客「意味わかってる?けっこう大変なんだよ」 *ちょっと上から、ときどき小馬鹿にしながら言ってこられるんです。

 

私「ん~ちょっと難しくてよくわからないです、テヘ」 *テヘという感じでいいんです

 

お客「これの何が問題かっていうとね、~~~~~」 *頼まなくても詳しく説明してくれます。

 

私「そうなんですかー?めっちゃ怖くないですかー。ていうか〇〇さんすっごい詳しいですね!」 *真面目に聞いて反応し、褒める!

 

お客「まぁ興味がある分野だからね~。でもこういの知っておいた方がいいよ。だって~~~~~~~」 *喜んでまた話をしてくれます。

 

私「それって〇〇もってことですか~?」 *興味を持って(いるフリでもOK)関連した質問を投げてみると良いです。少しマニアックな領域になりそうな質問だと答えにくくなってしまいますので避けましょう。あくまで、話の続きとして、関連の質問が良いです。

 

こういう会話で良いのです。

一段落したらカラオケが始まったり、お客さん同士で仕事や会社の話が始まることもあります。

そうすると入る隙間はないので女の子は席でお酒を作って、たばこに火をつけて、お客さんが笑ったら自分も笑う、みたいなペースになります。

 

どうでしょうか、いたって普通です。

 

お酒が入ってお客さんがハイテンションになるとカラオケで盛り上がりますから、楽しそうに拍手して聞いて(いるフリをして)いればOKです。

チャンスがあったら「〇〇さん歌うまですねー!いいなぁー!」と言ってみたります。

 

今回は水商売シリーズ5回目ですが、4回目にも事例を書いていますのでよければご参考になさってください。下記一覧からどうぞ。

 

水商売の話 一覧へ