aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・諸々の生きる術など)

高卒二十代、転職活動の始め方や求人を探す方法*転職の可能性について

 

転職活動の方法、求人の見つけ方などについて書いてみます。

この記事も例によって二十代の初めての転職または2回目の転職を想定して書いています。私自身の過去の転職経験から二十代はチャンスがあると思っています。

(現在私は30を越えています。良い転職は難しいだろうなぁという状況で困っています・・・)

目次:

  f:id:blue_aoko:20190618104819j:plain

 

活動を開始するタイミング

転職を考えたらすぐに求人サイトなどに登録し検索を始めるのが良いと思います。

どんな求人があるのか、まずは少し覗いてみます。それから転職エージェントへの登録も試みて、無料相談へ行ってみると良いと思います。

転職を決断するまで行動開始を遅らせるのではなく、ふと思ったらすぐに探してみるのが良いと思いますよ。

日頃から求人をチェックして良い求人があれば応募する、というスタンスだと自分の心にも余裕が持てますので。

 

もしも、現在の職場で神経をすり減らししてしまい、どうしても仕事と転職活動を両立することが困難な場合は無理はできません。

メンタルの病が疑われる場合は、まずは心療内科へ行き病気療養を考えてみてください。

判断力が鈍っているときに重要な決断を下すのはあまり良くないと思いますので、可能であれば休んでほしいと思います。

それから、退職や転職あるいは継続を考えてみてはどうでしょうか。

 

さて、残念ながらエージェントについては年齢や経験職種により登録を断られることがありますので、その場合は諦めてください。

(私は29歳のときにある1社のエージェントから紹介できる求人はないという通知と共に登録を拒否されました。その後、他の会社では登録できました。)

 

何から始めるか

可能であれば転職エージェントの手を借りて、自分がどのような企業に応募したいか考える手がかりをもらってみると良いです。

エージェントの手を借りなくてもできますが、使えるものは使ってみようということです。

自分の譲れない条件や、優先順位を決めてから活動を始めると判断がスムーズになり活動が楽になると思います。

求人を見るたびにアレコレ迷ったり悩んだりするのはストレスになるので、あらかじめ条件を決めておくことで判断の苦痛を減らすのです。

 

ベストな求人の探し方 

上から順に推奨しています。

 

◎求人サイトと転職エージェントの登録も試みる。

〇求人サイトを使う。

ハローワークを利用する。

 

ハローワークのみの利用は物足りないと思います。

ハローワークは掲載料がかかりません。一方、民間の求人サイト、エージェントは企業側が費用を払って求人しています。採用にお金をかけたくない会社が、人材育成や教育に費用や時間をかけるでしょうか、というのがポイントです。

少しはスキルアップしたいと考えるなら民間求人サイトの仕事内容の方が適している可能性を感じます。求人サイトの登録は無料です。

ハローワークのではなく、せっかくなのでどちらも見てみた方が良いと思うのです。

 

さて、先ほども触れた転職エージェントですが、敷居が高く感じるかもしれませんが、登録を受けてくれた会社では営業や事務職の求人を紹介してくれました。

 

メジャーな求人サイト

有名な求人サイトをピックアップしてみます。私はこういった有名どころは一通り検索、登録しました。

 

マイナビ転職 → 若い人向けの印象あり

リクナビNEXT → 若手~中堅向けの印象、ミドル世代に特化したサイトもあり

エンジャパン → 若い人向けの印象あり

デューダ → 働き盛りのキャリア向けの印象あり(実際には高卒可求人あり)

アットタイプ 女の転職 → 女性向けの転職サイトで有名

とらばーゆ → 女性向けの転職サイト(キャリア志向ではない)

はたらいく → 現場系の求人が多め

タウンワーク → 正社員求人あり(キャリア志向ではない)

Green → IT系の転職に特化(技術職以外に、営業や事務の募集もあり)

 

ざっと思いつく範囲で書きとめました。

 

職務経歴書について

求人サイトをはじめ、インターネット上には多くのサンプルがあります。

エージェントでは添削してくれることもありますので活用しない手はないです。

 

いくつか、ポイントを紹介します。

・業務内容について、具体的な数字を用いて記載する。

 注文書の発行枚数や、出荷手配件数等。

・メインと補助的な役割の業務を区別して記載する。

 

個人的に最も困難な項目はアピールポイントです。

事務職ですと正確性、スピード、柔軟性といったキーワードを使って書けることがあると思います。

それから、相手の立場に立った言動を心掛けていることなども良い点となります。

 

こういったアピールポイント探すことも、上手くアピールできる文章を書くこともいずれも苦手で、実は私も正解が見えていません。この点は力になれなくて申し訳ありません・・・。

 

以前は、履歴書は手書きという風潮がありましたので、私もそう思っていました。しかし今は時代が違うようです。手書きでという指定がない限り、パソコンで打ち込んで印刷してOKと思われます。今の時代はその方が合理的ですしね。

 

関連記事

企業と応募者のニーズのマッチングが必要ということなどを書いています。基本的に私の意見ですが、何かご参考になればと思いますのでよろしければ合わせてお読みください。

www.blue-aoko.com

 

社会人スキル、生きる術 一覧へ