aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・諸々の生きる術など)

事務職の一人暮らしに必要な生活費◎項目別に金額を見てみる

 

一人暮らしに必要な月額の費用を洗い出します。

事務職の暮らしぶりがどのようなものかイメージしやすいよう、収入と暮らしぶりも詳しく書いていきます。

引っ越しなどの初期費用を確認したい方は下記の記事をご参考ください。

www.blue-aoko.com

目次:

職業と収入

東京都内で事務職に就いています。中小の製造業で、私の仕事は貿易事務と一般事務を兼任するような何でも屋さんです。

一人暮らしをしていた当時も手取りは17万+α程度でした。

ボーナスは業績により年間2~3ヶ月分程度で年収は約300~330万円程度だったかと思います。

 

支出一覧表

当時の暮らしを思い返して項目別費用を書き出しました。実績をありのまま書くのではなく、適度に調整して表にしました。

その方が参考にしていただきやすいと思ったからです。

まずは表をご覧ください。

f:id:blue_aoko:20190731085436p:plain

上記の表について、項目ごとに解説したいと思います。

▼光熱費12,000円:季節によって8,000~14,000円位で変動していました。

 

▼食費20,000円:土日でお弁当用おかずの作り置きをしました。平日の夕食にも作りおきおかずを使い、それとお味噌とご飯です。あとはタイムセールのお惣菜を1品買うこともありました。

おかずの作り置きのほか、冷食おかずも半額の日に買っておくようにしていました。

ミニトマトを添えるだけで質素なご飯も明るく見栄えがしますのでオススメです。

 

▼服飾15,000円:ジャケット、スーツ購入や会社用パンプス購入等、突発的な会社絡みの出費などがあると予算を超えてしまいました。

それから自分が何を着たいのか、何が合うのかわからず、リーズナブルな服を頻繁に買っていました。安物買いの銭失いです。靴が足に合わない、ダメになる等で買い替えることも多めでした。女性は下着にも多少お金がかかるのが痛いところです。

実際には出費が嵩んだ月も多くボーナスで赤字補てんしていたと思います。多くても15,000円位に抑えたいなという理想です。

 

▼美容費8,000:2ヶ月に1度のカットと、半年に1回程度の縮毛矯正を加味しています。年間費用を月換算して8,000円ですが、ほぼかからない月もありました。私はカラーリングをしないのでその費用は入っていないのですが、女性にとっては厳しいですかね・・・

化粧品類は基礎もメイクも全てドラッグストアやバラエティショップで購入しています。一例を書き出します。

◇化粧水、乳液、日焼け止め:キュレル ◇BBクリーム:エテュセ ◇アイブロウ:メイベリン

 

▼交際・外食12,000円:当時は飲み会も旅行も遊びも、ほとんどありません。友達付き合いは数えるほどしかありませんでした。

かかった費用といえば、当時付き合っていた人が遠方にいたため、新幹線代だけで往復30,000円弱・・・交通費を出してくれると言ってもらったのに、甘えることができなくて自腹で往復していました。相手がこちらへ来ることもありましたので、新幹線代は3ヶ月に1度程度でした。 

12,000円とした理由ですが、現在は多いとこの位かかる月もあるので12,000円としておきました。

 

▼日用品3,500円:女性はストッキング、タイツに結構お金かかります。ストッキングは特に消耗が激しく一人暮らしには痛手でした。

 

▼冠婚葬祭5,000円:誕生日やお祝いの贈り物費用の[積み立て]です。当時はこの費用もあまり使いませんでしたが、現在は約年間60,000円程度かかっているだろう、という概算です。

更にご祝儀を包んだ時にはとてもじゃないけれど赤字です。とにかく毎月少しずつでも確保しておく方が良いと思うので、積立として確保しておくことをおすすめしたいと思います。

 

▼貯金5,000円:当時は貯金はほとんどできていませんでした。一人暮らしで貯金は難しいのですが、わずかでもできたらいいなという理想です。

これから一人暮らし計画を立てる方は少し考慮された方が良いと思います。現実的には、私はほぼ貯金できていなくてボーナスで赤字補てんをし、余った分は貯金になっていたと思います。細かく把握していません。

 

▼NHK2,200円:BSが映らなかったため地上波料金のみ支払いました。この契約でBS料金について一悶着ありました。

 

私:私のテレビはBSが映らない

集金人:そんなはずない、映るはずだ

私:映りません、BSは観れてません

 

本当に映らなかったのです。何か方法はあったのかもしれませんが、当時はわからなくて「映りません」と主張したとかろ、集金人側は折れてくれました。地上波の料金だけを支払っていました。

 

▼民間の保険に入っておらず都民共済に入っていたのですが、ありがたいことに共済金は母が払ってくれていました。都民共済はけっこうオススメです。

 

▼裸眼なのでコンタクト代はかかっていません。

 

実家暮らしの支出一覧表

参考までに実家暮らしの場合の生活費についても掲載します。

f:id:blue_aoko:20190731085742p:plain

 

▼貯金20,000円:現在は実家暮らしで余裕ができたので支出と残額を管理するため2万円の貯金枠を設けています。今月は出費が多くて貯金を減らしたいな、と思ったら調整します。

 

別枠で管理するのは面倒なので私は支出管理でまとめています。そうすれば「貯金分を除いて、あといくら使えるか」がわかりやすいです。 

 

▼残額19,800円:計算上はこの位余り、貯金に回せるはずなのですが実際にはもっと少ないと思います。

例えば試着して購入したパンプスが実際に履くと足に合わず、やむを得ず買い直すことがあるとそれだけで服飾費は予算オーバーです。

それから下着やタイツがダメになると一気に買い直したりします。

そのオーバーした分は貯金や残額でカバーするしかありませんのでこの分は流動的になってしまいます。

このオーバーする分も踏まえて、服飾費や日用品額が年間いくら位になるかは現在の支出管理を継続して確認したいと思っています。

 

家計簿をつける必要はあるか

少ない予算で生活するのであれば、今月どの位使っていて、あとどの位残っているかを把握できた方が良いので、最初のうちは家計簿をつけてみた方が良いと思います。

私の感覚的には思っていたよりあっという間にお金は無くなっていきます。家計簿をつけた方がバランスを管理できると思います。

あくまで使いすぎを防ぐ[支出管理]が目的の家計簿なので、銀口座の金額、貯金額などまで厳密に記録をつけたことはないです。面倒なのでそこまではできません。

 

1つ留意点があります。

一人暮らしを始めるために必要な大小道具類の費用はあらかじめ用意しておき、生活費とは分けて考えた方が良いです。

例えば洗濯機は生活をスタートするに当たって買うのは1度きりなので、日常的な支出管理に入れる必要はなくて、あらかじめ初期費用に組み込んでおきます。調理器具類も一通り揃える段階では、生活費ではなく初期費用に組み込んでおいた方が良いです。(将来的に買い替えるときは生活費から予算を出すので家計簿につけます。)

一方、例えば洗剤やトイレットペーパーは日用品で今後も生活費としてかかってくるものなので家計簿に入れた方が良いです。

 

お小遣いが足りなくなりそうなとき

副業でバイトをすることを考えてみてはいかがでしょうか。

私が副業で勤務していたスナックでは、9割の女の子は副業でお店にいました。事務職の給料だけでは旅行や遊びにも行けないのでお小遣いの足しにする、という感覚だったようです。

事務のパートでは主婦の方々が多かったのですが、驚くことに半分くらいはダブルワークでした。

ことわっておきますが、女性に水商売をすすめる意図はありません。必要であれば致し方ないので書いたまでです。私自身は性格に合わなかったので、よほど困らない限り二度とやりたくないと思っています。水商売のことは副業カテゴリで記事を書いていますのでご興味ある方はご覧ください。

 

クレジットカードのリボ払いは選択肢に上がりません。これは利息が高すぎる借金です。一番怖いのは自分の借金がいくらなのか、恐らくわからなくなるので本当に良くないサービスだと思います。なので選択肢に上がりません。

そこまでお金が足りなくなるような生活をしないことが第一です。

 

投資は元手も知識もなくて私は考えたこともなかったです。

 

2019.10追記:記事作成時に忘れていたのですが、当時喫煙していたので月3~4,000円位のタバコ代が発生していました。 おそらく賞与や、その他の費用の調整でまかなっていたと思います。

 

一人暮らし・実家生活のカケイ簿 一覧へ