aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・諸々の生きる術など)

新しい服を買っても『なりたい自分』にはなれなかった

 

収入に対して服飾費の割合が多い女性(私)について書きます。

なんとなく何かに突き動かされて買ってしまうとか、服を持っているのに持っていない気がする、とか。コントロールし難い服飾費に困っている人の話です。

※洋服が大好きな方には該当しない話です。

 

f:id:blue_aoko:20190919120049j:plain

『なりたい自分』にはなれない

数年前ですが、アパレル会社かデパートの広告で「なりたい自分になろう」的なキャッチコピーがありました。

「なりたい自分」がなんなのか、具体的に考えたこともなかったのですが、なんとなく今より良い私になりたいという漠然とした思いを抱えていた私には、このコピーはけっこう刺さりました。服、買いました。

 

さて、私はこのコピーを「新しい洋服を身にまとって、理想の自分になりましょう」というような感じで解釈していました。

この解釈を前提として・・・最近はっきり理解したのですが、新しい洋服を買ったところで自己嫌悪着ない服満たされない思いが増えるだけで、なりたい自分にはなれないし、何の満足感も得られなかったな、と。

 

(そんなこと当然でしょって思われますか?)

  

持っているのに持っていない気がする

タンスにある服を見れば十分な枚数はあるのに、どういうわけか服を持っていない気がしてしまうのです。

 

服に関しては枚数の実態と、私の認識の間にズレがあり、正しく現在の状況を見れていない状態であることがわかります。

このズレの背景には、服に服としての役割ではなく、違う「何か」を求めているという心の問題があるなぁということに気付きました。だから服が何枚あっても「足りない」と感じてしまうのかぁと。

 

いったい私は服に何を求めていたのでしょうか。 

 

早い話が、「新しい洋服を着れば何か変わるかもしれない」というほのかな期待です。何か新しい風を吹かせたいもっと素敵の私になりたい的な希望を新しい洋服に求めていました。

その根源には今の私には何かが足りない、満足できないという不足感があります。

 

(当時は、洋服があるのに買ってしまうのはなんでなんだろうなぁと思いつつ、深く考えることを避けていました。今だから書けることです。)

 

洋服を買うことは手っ取り早い

改めて書きますが、何か私には足りない、そんな欠けた部分を補おうとするかのように洋服を買っていたことに気付きます。

 

庶民がブランド物を買い求めること、ブランドにこだわることと行動の原理はあまり変わらないかなぁと思います。

ブランド物に興味を持たなかっただけマシですが、そもそも収入が低いのですから服飾費が占める割合はどうしても高くなりました。

これでブランド名で自分を満たそうとし始めたなら家計はあっという間に火の車、破たんだったでしょうね。

 

例えば、マラソンや英語の勉強を始めたところで地道な努力の積み重ねが必要ですからすぐに結果は出ません。

 

もしも、本当に新しい洋服を買うことで「なりたかった自分」「理想の私」になれるのなら、こんなに手っ取り早いものもありませんが、実際にはそうは問屋が卸しませんので買っても買っても満足できないのだと思います。

 

本当にその服が欲しくて買ったなら良いのですが、そうでな場合は、きっとその服はその場しのぎの偽りの代用品なのです。

 

服装を整えるのは第一歩に過ぎない

例えば、今まで服に無頓着過ぎた人が好きな人デートへ行くために服を一新する、という場合は行動の意味が違ってくると思います。

これは自分を変える第一歩で、すごく前向きな動機を伴っていると思います。

と同時に、服を揃えることはあくまで第一歩に過ぎない、ということも言えますよね。

 

いつも買わない服をちょっと挑戦して買っても、結局着ないことが多いです。時々は新しい服が背中を押してくれるかもしれないけれど、挑戦する自分、新しい私、総じてなりたい自分というのは結局のところ新しい服を買っても手に入りません。

 

服を買い過ぎないためにどうしたらいいか

私自身の行動を振り返って思うことですが、まずは、自分が服を買うことに本当は何を求めているのかを見つめ直してみる必要があります。

 

それから、やはり手持ちの服を全て確認しましょう。本当に着る服がないのか、その目でしっかりとチェックするのです。

お金が十分にあるなら気にせず買い物すればいいですが、そうでないのであれば、まずは手持ちの服を活用することから始めたら良いと思います。

そうして本当に持っていない物を、自分のお財布と相談しながら購入すればOKです。

 

買い物に関して言えば、デザインも価格も納得いくのものが自分にとって本当に良い商品だと私は思っています。

洋服が大好きな方とは購入の基準が違うと思いますが、お金をかけるポイント、趣味趣向なんてものは人それぞれですからね。

 

↓↓服選びの記事も書いています↓↓

www.blue-aoko.com