aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・諸々の生きる術など)

無色になる(無職になった)

 

正しくは「無職になる」です。

f:id:blue_aoko:20191012171822j:plain

 

誤って「無色になる」と変換してしまったら、俗世を離れたポエマーみたいな感じでちょっと素敵になりました。

 

変換をミスって思いました。

会社での慣習とか、世間の常識にとらわれないとか、中二病的に言うと何ものにも染まらないことを「無色になる」と言うのなら、この変換はあながち間違いでもないのです。

無職になって無色になる、のです。

まぁ、ただのニートなんですけど。

 

復帰の目途が立たないので退職しました。文章を書くことは過度なストレスを伴わずにできる唯一のことです。

 

仕事の中でメルマガを書くことが一番好きでした。

厳密にいうと、最もやりすい仕事だったので好きだったのです。

・話題も雑談も決める裁量がある。

・偶然にも評判が良いことが後押しになった。

・顧客対応が苦手なため、それに比べてストレスが少ない。

とまぁ、大きくはこんなところです。

 

高校を卒業してから十数年の会社員生活を送ってきました。

泣きながら出勤したり、眠れなくなったり、もうダメかもしれない、会社へ行くぐらいなら死にたい、そう思いながらもとにかく正社員の仕事を離すまいとしがみついて生きてきました。

 

ついにギブアップする時が訪れたのです。

 

退職しても実感が湧かなかったのですが、「ギブアップした」ことを書いているうちに徐々に自分の決断、置かれた状況を私自身のものと捉えられるようになってきている気がします。

 

発達障害と二次障害によるうつで通院している状態ですので、しばらくは社会保険からの給付を受けて生活を続けます。

 

その後のことはノープランですが正社員の求人を探すことはないでしょう。フリーターになります。フリーなので給料を受け取る以外の方法で収入を得られないか、ということも試してみます。

ブログで稼ぐというのは考えていません。アドセンスは貼っていますが無収入と同等ですしアフィリエイトで稼ぐ的なことには興味ないので。

 

自分の人生が苦しいものだから同じような境遇に入る人の役に立ちたくて(ただのお節介ですが・・・)、とにかく若い頃の私が欲しかったもの、知りたかったものとかをここで書いています。それは私自身の救いにもなっているのです。

けっこう愚痴も書いていますが、それは「自分と同じような人がこの世界のどこかにいる」「共感できる人がいる」というのを確かめたかったという私の経験がベースになっています。私がこうして書くことで「この世界のどこかにあなたと同じような人がいますよ」と言いたいのです。

それから私自身としても、どこかの誰かとシェアしたいという気持ちがあります。

 

アフィリエイトをやらないのは私がそのようなサイトに深い絶望しか感じなかったからです。検索結果に表示されるサイトにペラペラなアフィリエイトの多いこと、多いこと。

転職やうつで真剣に悩んでいるときにこのようなアフィリエイトのページを読むと孤独と絶望しか感じません。腹も立たないほどに悲しくなるのです。

結局は広告に導かれるだけ。真実味のない「私もそうでしたが」的な文言がいかに寒いセリフか、私自身が身を持って経験してきていますのでそのような記事は絶対に書きたくありません。

オススメ本のリンクをamazonの広告にすること位は検討しますが、それは書きたいことありきの記事で広告のための記事ではないですからね。

 

さて、アフィリエイトディスる記事ではなくて「無職になる」という話なのですが今後のことがノープラン過ぎて書くことがなくなりました。

 

最後に投稿日現在、台風により各地に大きな影響が出ています。野良猫、路上生活者たちがどうにか切り抜けられますように・・・。

 

**Note: このブログでは毎月の支出金額・内訳を掲載していますが、実のところ給料ではなくて給付金を受け取っているため収入は減っています。めちゃくちゃ大赤字なのです。余計な説明を省くため、通常の給料を受け取っているという体裁を取って収支を公開しています。

目的は「支出金額・内訳」の公開ですので、療養とか、その辺の説明は重要ではないと考えています。支出内訳・金額を創作しない限り記事は成り立つと思っています。