aoko's blog

社会人の困りごとや解決方法をシェアするブログ

「クリスマス」に振りまわれさない◎独身・実家暮らし・無職の30代お姉さん

 

クリスマスもイブもおひとりさまなので苦し紛れに何か書きます。

独身・実家暮らし・無職のお姉さんです。(20代まではガール、30代以降は最期までお姉さん)

f:id:blue_aoko:20191224223030j:plain

 

クリスマス商戦というように、街に繰り出すとあらゆるところで「買い物」を強いられる気がして疲れます。

そんなビジネス色満載のこのシーズンに、なかなか会えない恋人同士や独り身の私たちのメンタルがすり減らされることにうんざりする思いでいます。

 

かねてから私が残念に思うことは「クリスマスなのに・・・」という考え方。大先輩やお若い世代のことはわかりませんが、私と近しい世代の男女にはクリスマスに1人というのが嫌だと思う方がけっこう多いのかなと思います。

そういう人を見かけると、超絶お節介な私は「クリスマスの実態が何かを見失わないでほしい」と思うのです。

 

社会人になりますと必ずしも恋人同士で過ごせるとは限りません。仕事が忙しかったり、遠距離になっていたり・・・事情はさまざま。

 

特に日本におけるクリスマスというのは、私も含めて多くの人にとって信仰とは関係がなくて「企業が儲けたいシーズン」「企業ががんばるシーズン」です。

企業努力の結果、盛り上がっているのであって、その実態は販売促進以外の何ものでもないと私は思っています。

 

クリスマスに盛り上がるよりも普段の生活で愛を育みたいと思うのは私のメルヘンな妄想に過ぎないでしょうか??

クリスマスという実態のないものに(というか実態は企業の戦略)振り回されて、悲しむことはないと思います。

そう考えることで、独身・実家暮らし・無職のクリスマスであっても気丈に振る舞います。