aoko's blog

社会に出て困難を感じる人へ(社会人・事務・貿易事務スキル・生きる術?など)

アナタも〇〇のうるさい人かも?ブラインドタッチの基本

 

キーボードを見ないで入力できるようになると仕事はぐんと速くなります。「ブラインドタッチ」の必要性を考えましょう。

 ブラインドタッチを覚えると、たとえば電話を受けながら

◆情報の検索をかける

◆パソコンでメモを取る

 ことが可能となります。

 

それから時代の流れも考えましょう。ペーパーレス、電子化の流れが加速しています。こうなると手書きの書類での手続きは確実に減っていますから、事務職に限らず身に着けると良いと思い思います。ブラインドタッチは体で覚えるものなので、慣れると勝手に指が動き出します。そうなるまでは少し辛抱して練習しましょう。

ブラインドタッチでは両手10本の指を全て使いますが、それぞれの指はただ無造作に置いているのではなく基本のポジションがあります。

キーボードの「F」と「J」はそれぞれ左右の人差し指を置く場所です。「ENTER」は小指で押します。

参考まで画像をご覧ください。手作り感満載ですがご容赦ください(^^)

f:id:blue_aoko:20190606114949j:plain

 

数字のキーをテンキーといいますが、これも入力に慣れると事務処理のスピードがぐんと上がりますよ。

 

!NGなこと!

ときどき、自己流のブラインドタッチで小指を使わない打ち方をする人がいます。親指、人差し指、中指のみを使う場合、エンターキーを「人差し指」などで押します。するとどなるでしょうか?キーボードを押すときに力が強くかかり、バチンッと大きな音をたてます。

タタタタ、バチンッ!
タタタタ、バチンッ!
タタタ、バチンッ!バチンッ!

エンターキーのうるさい人、職場に一人はいると思います。機嫌でも悪いのかと誤解を招く行為ですから、くれぐれも注意が必要です。新人のうちは特に印象が悪くならないよう気を付けつてください。

こういうことは思っていても注意されないことが多く、自分でも気づかぬまま社会人生活を重ねていくことになると思います。その間「エンターキーのうるさい人」と思われ続けるのは、なんとなく不本意ではないですか?

自分では気づきにくいこのとなのですが、職場あるあるなのであえて書きました。

 

さて、ブラインドタッチの練習方法は、とにかく繰り返し入力することです。 

 

STEP1 ポジションと入力に慣れましょう

*基本のポジションを確認しながら、好きな本の文章を入力してみる。

*タウンページが手元にあれば、それをひたすら入力するのも効果的。

 

STEP2 なんとなく指の位置を覚えたら・・・

仕上げにタイピングゲームに挑戦してみるのがオスメメです。理由は3つ。

*ゲームだとハマるので、取り組むことが苦にならない。

*遊んでいる感覚で、繰り返し入力の練習をできる。

*タイピングが速く・正確になる。

 

ワタシは寿司打(すしだ)を使いました。「寿司打」や「スシダ」で検索してみてください。

昔からあるゲームですが、入力するキーワードは時代に合わせて更新されているので楽しめます。ハマると中毒性あるので要注意です。

 

事務、庶務関係 一覧へ